見出し画像

引退前の 自転車に乗り 向かうはボクの 終わりと始まり。

何年も乗っていないと言う。確かにチェーンはサビていた。タイヤは両輪、空気が抜けていた。

来月には処分される予定の電動アシスト付き自転車。往復2時間ほどにある山に続く道のり。最後の出番には申し分のない仕事になるだろう。老体には少しキツイだろうが。

両輪のタイヤチューブに空気を入れ、チェーンに油を指した。バッテリーの充電は前夜一晩かけてしていた。

凹まない・回る・鳴き叫ばない・止まる・光る・ぐぃーんと加速する。

問題なし。

持ち主の母がえらく心配した。
自分も用事で自転車で出かけるというのに
ワタシの新しい方を乗って行きなさい。と言う。
もしくはタクシーを使いなさい。と言う。

ノーサンキュー。
状況に合わせて判断する。
もしやのハプニングも楽しむ。
なにより自分で決めたコトの方が後悔しない。

午前7時、出発。

順調なスタートだ。

いろんなことを考えながら走った。

思い返すも今週は負の感情の連続。負の感情をぶつけられ、負の感情を交わすのを見聞きし、負の感情を持ち保ち過ごす日々だった。後を引く。夜をまたぐ。

今、目的地までの行路、山道に差し掛かってから、ひっきりなしに黒煙を上げてそばを通り過ぎるトラックへの恐怖や排気ガスにまみれて咳こみつづけるストレスは感じるも、その不快な状況を脱すれば、その負の感情は後を引かない。

信号待ちで少年に声をかけられた。
「へへっ、保育所でいっしょやったよなあ!」
いや、オジサン、キミ知らない。
「おじさんの方が年上やから、知らんわあ、さいならぁ」
キミの人懐っこいとこ、キライやないで。

道の脇にはみかん畑や柿園が続く。

時々、ロードバイク乗りが通りすぎる。
20代の頃、阿蘇や沖縄をマウンテンバイクで旅した時によく、オートバイ乗りのお兄さんたちが通り過ぎざまに左腕を伸ばし、親指を立てて去っていった。
カッコよかったなあ。憧れたなあ。
最近は見かけないけど、(される状況もないけど)、そういう習慣って残ってるんだろうか。なんてことを想いながらキコキコ。

電動アシストのバッテリー残量ランプの点灯が一つになった。緩い上りの道がまだまだ続く。その先には急な坂、それを登りきると急な下り坂、平坦、ラストスパートは上り。

ちょっと無理して電源を切って走ったり、エコモードに切り替えたり。

急坂をペダルを踏みこむ。心臓 破り坂。自分の持病を思い出す。
トラックが黒煙を吐く。ボクの死ぬ時と入る場所はこの先の場所じゃない。

目的を果たさず、この自転車の旅を終える気もない。

着いた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしいです!
3

rin

ニチジョウとダジャレと時々、マジメな事をつぶやきます。 テーマに統一性がありません。キャラに一貫性がありません。あしからず。 職業的アイデンティティとしては「ソーシャルワーカー」が一番しっくりきます。 妻ー柴犬さくらーボク(ヒエラルキー順)で暮らしております。

おでかけ記

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。