iOSでMTGAをプレイ!

MCクリーブランドの調整のため、なんとか空き時間を有効活用するためにiOSでMTGAをプレイする方法として、リモートデスクトップアプリによるWindows操作でこれを実現しました。平たく言えば、自宅のPCを外出先からiPhoneやiPadの画面で操作する、という方法です。ここではその方法を簡単にまとめておきます。(トップ画面、わかりにくいですがiPadの画面です。)

なお、自分はIT屋ではないので知識はもともとあまりなく、こちらの記事は基本的に専門の方が書いてくれた方法が書かれているサイトへのリンクを集約しているだけです。。。ご了承ください。

<iOSでリモートデスクトップアプリを用意:Google Remote Desktop>

こちらで入手できます。

このアプリは大変優秀で、これをWindowsPCにインストールしてApp Storeから同名のアプリをインストール、Googleアカウント(Gmailのやつ)で紐づければあっという間にリモート接続が可能です。あとは、普通にWindowsを操作してMTGAを起動するだけ。

なのですが、僕のPC環境では何故か、リモート接続はできるのにタッチ操作による操作がほとんど反応してくれず、ゲームができませんでした(泣)

なので、次の方法へ。

<iOSでリモートデスクトップアプリを用意:Remote Desktop Client>

こちらはWindows 10 のHome以外のエディション限定となりますが、デフォルトで搭載されているアプリケーションです。設定方法がいろいろとややこしいので、順を追って説明していきます。

(リモート接続を許可)

まずは、Windows10をリモート接続で操作することを許可する設定を行います。こちらをご参照ください。

(ポートの設定)

デフォルト搭載のリモート接続では、「ポート」と呼ばれるインターネットの窓口みたいなやつを介して接続を実現しています(イメージです。IT屋さんの方ごめんなさいw)これを開放します。デフォルトではポート3389というのを使っているのですが、このポートはデフォルト設定されていること理由で外部からの攻撃対象になりやすいということで、変更することが推奨されています。こちらをご参照ください。ここでは、仮に4747ポートを使うこととします(なぜこの番号なのかわかる方とは仲良くなれそうな気がします)

(使用中のWindowsPCのIPアドレスを固定しポートを開放する)

色々とややこしいことを書いていますが、外出先からリモート接続するためには自分のPCのインターネット上の住所=IPアドレスを外から取得できるようにすることが必要です。この「住所」には実は大きく分けて2種類あり、イメージとしては外から自宅までのIPアドレス(グローバルIP)と、自宅に入ってからPCに至るまでのIPアドレス(プライベートIP)があります。IPアドレスは自動設定するのが一般的なため、コロコロ変わることがあるのですが、リモート接続では住所不定では困るためまずは後者のIPアドレスを固定します。更に、外出先から自分のPCにアクセスしようとすることを可能にするために、上記の4747ポートからのアクセスは自宅PCに転送されるように、ブロードバンドルーターの設定でポート開放を行います。ここが一番面倒なところと思いますが、こちらで方法がわかりやすく解説されていると思います。使用中のルーターによって設定方法が細かくは違うと思うのですが、4747ポートへのアクセス要求をプライベートIPに転送されるようにする、という意味では一緒です。

(グローバルIPアドレスの確認など)

ポート開放までできれば、あとは難しいことはありません。通常どおり自宅のPCを起動し、外出先からアクセスするためのグローバルIPを確認します。グローバルIPと入れてググればすぐに確認できます。また、もしあなたのPCを起動したときにユーザー名とログインパスワードによるログインの設定がされていない場合は、これを設定しておきます。あとは、PCの電源を入れて放置して外出します。

(準備完了、iOSで接続!)

App StoreでRemote Desktop Clientをインストールし、リモート接続します。このとき、「PC名」には先ほど確認した「(グローバルIP):4747」を入力します。ユーザーアカウントの欄には、PCにログインするときのユーザー名を入力します。あとは、画面の指示に従って接続すればOKです!iOSのアプリの細かな操作についてはこちらを参照ください。

(注意事項)

リモート操作で行う関係上、スムーズに動作するかどうかは自宅PCのスペック、回線速度、外出先の回線速度などに依存します。僕はiPhoneの画面+地下鉄で4G回線という環境でもプレイしましたが、ぶっちゃけLunatic(狂気)モードです。自分の指の大きさを呪います。ハイドロイド混成体のXがいくつなのかわからないままキャストしたりします。また、気を付けないとギガが死にます。おとなしく喫茶店のWifi回線等を使うことをお勧めしますが、これも回線が混んでるといきなりLunaticモードに変わるのでご注意ください。それでもiOS端末でMTGAがプレイできるというのは大きな魅力です。是非皆さんもトライしてみてください。

Decks, be Ambitious!!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

シミチン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。