ジャケット_傷寒論講義_2_1

傷寒例第三 15

凡傷於寒.則為病熱.熱雖甚.不死.若両感於寒而病者.必死.
尺寸倶浮者.太陽受病也.当一二日発.以其脈上連風府.故頭項痛.腰脊強.
尺寸倶長者.陽明受病也.当二三日発.以其脈夾鼻絡於目.故身熱目疼.鼻乾不得臥.
尺寸倶弦者.少陽受病也.当三四日発.以其脈循脇絡於耳.故胸脇痛而耳聾.
此三経皆受病.未入於府者.可汗而已.

〈ポイント〉

・傷寒陽病と脈証病症

この続きをみるには

この続き:2,001文字
記事を購入する

傷寒例第三 15

にしずか Labo

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

こんにちは、「にしずか Labo」です。 私たちは電子コンテンツを活用し、出版社や部数にとらわれることなく少人数を対象にした情報発信や、販売部数の読めない若手・新人などの発掘・育成、経絡治療の普及・伝承に努めてまいります。 ご支援ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

嬉しいです!

にしずか Labo

『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。

週刊 にしずかラボ

経絡治療の学びをサポートします。 経絡治療の蔵象学・講義ビデオ公開・経絡治療家のための漢方講座・経絡治療Q&Aなど、配信していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。