天安門事件を認めない中国政府は、南京虐殺を認めない日本政府と同じアル。これでよろしアルね?


天安門事件とは?


さる6月4日は、中国で天安門事件が起こった日です。天安門事件といってもあれからもう26年、若い人の中にはピンとこない方もいるでしょう。

天安門事件というのは1989年のその日、民主化を求め、天安門広場で集会を行っていた学生らが人民解放軍によって武力弾圧された事件です。正確な死傷者数は不明ですが、少なくない人が死亡または負傷したことは映像や証言などからみても間違いなく、当時、弾圧を指示した中国政府は世界中から指弾されました。

ところが、中国政府はその後、この事件はたんなる民衆暴動であり、死傷者もそれほど多くなく「虐殺」というのは当たらないと主張するばかりか、国内に対しては事件そのものがまるでなかったかのようにふるまい続けています。当然、この事件に関する一切の情報が遮断されていますので、中国国内ではとくに若い人のなかにこの事件を知らない人が多くなっているといいます。

しかし、天安門広場に集結した戦車やその前にたちはだかる中国人男性(上の写真=「戦車男」という名で有名になった)、さらに銃撃を受けたり、戦車にひき殺されたりして血まみれになった人々の生々しい写真や映像がネット上に数多く拡散されていることもあり、それをなかったことにしようとする中国政府とそれを非難する人々との間でいまも押し問答が繰り返されています。

この天安門事件の動画についた最近のコメントを集めてみました。

Tank Man 戦車男

●この戦車男の話はすごいよね。でももっと驚くのは、今の北京大学生がこの事件のことを知らないことだよ。

●多くの中国人がこの事件を知らないのは悲しむべきことだ。この事件に関する情報はすべて政府によって遮断されてしまっている。多くの中国人は西欧に留学して初めてそのことを知るんだけど、最初はまったく信じられないようだね。

●まったく共産党はとんでもねえマザーファッカーだよ。

●アメリカも同じことをやるよ。もうすぐね。

●俺はこの男を尊敬するよ。

●今日で26年経ったのか

●中国政府の検閲はいまもなお続いている。多くの中国人がそれを直視してくれるよう望むよ。

検閲ならヨーロッパにもアメリカにもあることを知らないのか?

●この戦車男は、映画『ダークナイト』のエンディングを思わせる。彼のことを誰も知らない。だけど彼は希望のシンボルであり続けるんだ。

●誰もが奴隷制度と戦うべきだ!

●中国はゴミだな。

いまや中国なしには多くのことが立ち行かなくなっているよ。

●これが僕が銃規制に反対する理由だよ。とくに政府が腐敗した場合には、自分たちを守る術がなくなる。そしてこれが共産党が国民を支配するためのやり方なんだよ。

●せめて自分の国だけはこんな暴虐な中国と関わらないでもらいたいと思う。

どこの国も似たようなもんだよ。違いはヨーロッパ諸国はもっとうまくやるというだけだ。たとえばイギリスだったらデモ隊を戦車をひき殺した後、その事実をメディアから隠すだろうよ。

●「この街から出て行け。ここはあんたらの来るところじゃない」。この男はおそらくそう言っていたんだろう。それにしても本当に勇敢な男だよ。信念の力強さを感じる。

●今日がまさにその日だ。しかし(今日の北京はいつも通り)平和だ。もちろんそれは不気味な沈黙という意味だけどね。

●これに関して、中国政府と西洋諸国が制作した「主観的」な動画は数多くある。だけど「客観的」な動画はまったくないんだよな。

●中国には朝鮮戦争の前に原爆を一発お見舞いしてやるべきだったんだよ。


5 Things You Don't Know About the Tiananmen Square Massacre | China Uncensored
天安門事件ーーあなたが知らない5つのこと


●いわゆる「天安門事件」なるものはなかった。これはアメリカのプロパガンダだ。

●どうしてアメリカのことは取り上げないんだ?

●ここにはせいぜい2割程度の事実しか含まれてないよ。天安門で虐殺などはなかった。戦車男にしても、人民解放軍は彼をひき殺そうとはしなかったし、彼自身も結局、駆け寄った友人によって戦車から引きおろされたんだ。同じことをニューヨークでやってみな。たちまち殴り殺されるだけだから。

この続きをみるには

この続き:2,227文字

天安門事件を認めない中国政府は、南京虐殺を認めない日本政府と同じアル。これでよろしアルね?

歴史ニンシキガー速報

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。とても励みになります。

歴史ニンシキガー速報

歴史認識問題に関する海外の議論などを翻訳して、日本の読者にご紹介するウエブメディアを運営しています。是々非々の立場で間違ったものはやはり間違っているときちんと主張すべきだと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。