「南京大虐殺の嘘」を証明する第一級の資料だ!日本軍入城直後の南京市内を映した記録映画が発見される。

https://www.youtube.com/embed/nos2prviBq8

日本軍入城直後の南京市内を映した幻の記録映画に対する海外の反応

戦線後方記録映画「南京」 1938年東宝文化映画部作品.avi
今回取り上げたのは占領直後の南京城内外の様子を撮影した日本の記録映画です。長年、空襲で焼失したものとされていた幻のフィルムでしたが、1995年に北京で発見されたものだそうです。

日本兵が通るすぐ横で爆竹を鳴らして遊ぶ笑顔の子供たちなど、いわゆる南京虐殺が本当にあったとしたらとうていありえないような平和で穏やかな光景が記録されています。

そこについていたコメント(外国語および日本語コメント)の中からいくつかピックアップしてご紹介いたします。

なお上記の北京版には欠落があり、2014年にその欠落部分が発見されたそうです。下はその欠落部分を補った完全版です。

戦線後方記録 映画「南京」 完全版 70分(現在、閲覧不能のようです)

【以下、コメント】
●大日本帝国の皇軍は邪悪な蒋介石政権の首都南京を攻略した。国民党土匪軍に捕らえられていた20万の南京市民を解放した。


●日本鬼子

●でたらめ言うな!これは日本側が撮影した映像だ。信憑性はまったくない。(なりすまし日本人)

この続きをみるには

この続き:666文字

「南京大虐殺の嘘」を証明する第一級の資料だ!日本軍入城直後の南京市内を映した記録映画が発見される。

歴史ニンシキガー速報

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。とても励みになります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。