【ニューヨークタイムズ】カンボジア虐殺と中国の不都合な真実

「中国は日本を非難する前に自分の歴史に向き合え」というニューヨークタイムズの記事に対する海外の反応

歴史問題で日本を非難する中国。その中国自身がきちんと歴史に向き合っていないことを批判する記事がニューヨークタイムズに掲載されていました。そこでの議論を翻訳してご紹介いたします。

翻訳元→http://mobile.nytimes.com/blogs/sinosphere/2015/03/30/cambodian-historians-call-for-china-to-confront-its-own-past/

(以下、記事の要旨)

中国は自身の歴史に向き合うよう促されている

●カンボジアの虐殺記念館のガイドは、見学客のなかに中国人がいるかどうかを尋ね、いないのを確認してから観光客にこう説明した。「クメールルージュによる1700万人にものぼるカンボジア人の虐殺の裏には、北京の中国共産党の存在があった」。

●中国人がいるかどうかを確認したのはなぜかと筆者が尋ねるとガイドはこう答えた。「彼らは、それは正しくないと言って怒りだすからです。そうして、私たちはいま友人同士じゃないか。過去の話はやめろ、と言うのです」。

●今年、抗日戦争勝利70周年記念を迎える中国政府は、その準備を進める一方で、日本政府に対して「歴史に向き合え。罪を認めろ」といままで以上に非難の調子を強めている。しかし、その非難は同時に中国政府にとって不都合な事態をも招いている。

●先週発行された人民日報の記事は、「歴史を書き換える試みは地域の安定を損なうものだ」として日本をつよく非難していた。

●李克強首相は、「国のリーダーは、その国の過去の犯罪に対しても責任を負わなければならない」とテレビを通して語った。

この続きをみるには

この続き:5,842文字

【ニューヨークタイムズ】カンボジア虐殺と中国の不都合な真実

歴史ニンシキガー速報

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。とても励みになります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。