ヒトラーの警告「誰があなたがたの社会を破壊しているのか?」

アドルフ・ヒトラーの警告
世界的に第二次世界大戦に対する歴史の見直しが進む中、YouTube上でもヒトラーを再評価する動画を目にすることが多くなってきました。そこで今回は、そのうちのひとつ「ヒトラーの警告」という動画をご紹介したいと思います。

やや扇動的な表現がありますので、あくまで冷静に、一定の距離感をもってお読みいただけたらと思います。

https://youtu.be/MCNHaLziBQw

(以下、動画の大意)


あなたがたもご承知のようにドイツはかつて民主主義国家だった。しかし我々は徹底的に略奪された。干からびるまで搾り取られた。


あの国際的なハイエナどもにとり、民主主義国家や独裁国家というのはいかなる意味を持つのか?

じつのところやつらはそんなことまるで意に介していない。

やつらが関心を持っているのはただひとつ。それは略奪だ!

あなたがたは彼らに略奪されたいと望んでいるのか?

イエスか、ノーか?

みずからが略奪されるのをただ黙って見ているつもりか?

イエスか、ノーか?

このような仕打ちに何も言わない民主主義国家があったなら、それは「良い国だ」。


しかし「自分たちの国民をこれ以上搾取することは許さない」と宣言した独裁国家があったなら、その国家は「悪い国」にされる。

実のところ、世界の国々を支配しているのは「マネー」だ。

やつらは言論の自由をいつも声高に語っている。

だが、大新聞社は一人のオーナーによって支配されている。

オーナーとは要するに広告主だ。

こうした新聞社が世論を形作るのだ。


民主主義国家には複数の政党があるが、じつはそうした政党にはたいした違いがない。

結局、それらはみな同じ穴のムジナなのだ。

民主主義国家の国民はみな自由で豊かな生活を享受する権利があるとされている。しかし現実はそうではない。

じつのところ民主主義国家であっても国民はその主人公ではないのだ。

そこには「民主主義がどういうものかを決定する」少数のグループがいる。

それはわずか数百人しかいない大資本家だ。


彼らは世界中の工場と株式を所有している。

したがって実際に国民を支配しているのは彼らだ。

しかも彼らは一般大衆のことなどまったく気にかけていない。

世界を牛耳っているのは世界中でビジネスを展開している彼らだ。

少数の根無し草の国際的な集団だ。

彼らは国と国とを互いに敵対させる。彼らは平和を好まない。


彼らは我々を弾圧することも殺すこともできる。

しかし我々はけして屈服しない!

あのユダヤ人たちはかつて我々をあざけった。

しかしいまや彼らはことの重大さに気づきはじめた。

我々はこの国を支配する強大な力をもつある特定の人々、すなわちユダヤ人と長い間にわたって戦ってきた。

悪魔的な力がわが国を乗っ取ってしまっていたからだ。

彼らは我が国民の知性と文化、そして精神性をコントロールできるポジションを占めていた。


もちろん政治的、経済的なポジションもだ。

そうして彼らはこの国全体を乗っ取り、国民を監視してきたのだ。

さらに彼らは敵対する人々を合法的に迫害する権利さえも獲得した。

かくしてユダヤ人グループは我々に対して宣戦を布告したのだ。


我々は多くのことを達成した。

しかしそれと同時に、やつらの間では我々の達成に対する妬みも大きく育っていった。

そうして、かつてドイツを第一次世界大戦に追い込んだあの男、イギリスのチャーチルがまたもや動き出した。


ドイツを悪者にする宣伝をはじめたのだ。

彼らは言う。「ヒトラーは再武装している」と。

私がそうしたのは事実だ。

またこうも言った。「なぜ突撃隊などを組織したのか? もし平和を望んでいるならなぜ親衛隊などを作ったのか? 必要なのは友愛団体じゃないのか?」と。

私はこう答えよう。「それを望んだのは私の国民だ!」と。

そして私は国民の声に応えるともに万一の事態に備えたのだ。

この世界でもっとも大切なもの、それはあなたが属する国民だ。


我々はその国民のために戦うだろう! 我々はけっして降伏しない!

我々はけっしてあきらめない!

人々よ、立ち上がれ!

共通の敵を前にひとつになるのだ!


敵はあなた方を破壊しようともくろんでいる!

ユダヤの専制政治を打ち倒すのだ!

あなたの愛する人々のために戦え!

我々はユダヤ人の銀行家と戦った!

真実は客観的な調査を恐れない。


(以下、動画の紹介文)

歴史は勝者によって書かれる。

ヒトラーについて我々が知っていることはみな間違っている。ヒトラーは銀行家による専制支配に対抗するため立ち上がった。銀行家とはロスチャイルドなどのシオニスト、すなわちユダヤ至上主義者だ。

彼らユダヤ至上主義者は銀行と政府を支配している。さらに所有するメディアを使って世論を操っている。もちろんすべてのユダヤ人が悪いわけではない。しかし社会の腐敗の裏には多くの場合、彼らの影がある。

彼らはハリウッドを支配している。アルメニア虐殺やドレスデン爆撃をはじめ、彼らに都合の悪いテーマをとりあげた映画が作られないのはそのためだ。その一方で、第二次世界大戦中のユダヤ人の苦境を描いた映画は山ほど作られている。

戦時中から戦後にかけて、何万人ものドイツ人が拷問を受け、殺害され、レイプされた。しかし、間違った情報を植え付けられた世界の人々は、それらを戦時中悪いことをしたドイツ人が受けるべき当然の報いだと考えている。こうしてドイツ人が悪漢だという言説が定着してしまったのだ。

ヒトラーが達成したことはユダヤ人の怒りを買った。ヒトラーが希代の悪魔とされてしまったのはそのせいだ。いまも世界中を覆っているプロパガンダではヒトラーが世界征服を企んでいたということになっている。しかし、事実はそうではない。彼は平和を求めていた。そのことは彼が何度も和平を提案したことが示している。そうした事実は歴史の教科書から葬り去られてしまった。

ドイツに戦争を仕掛けたのは世界を牛耳るユダヤ人たちだ。そして当時のドイツには戦争を避けるすべはなかった。ヒトラーは銀行家(その多くがユダヤ人だった)を追放した。なぜなら彼らはドイツ人のモラルを低下させ、その経済と文化を破壊したからだ。

ユダヤ人を追放したのは何もヒトラーが始めてではない。歴史上、80カ国が同じことをやった。いまやユダヤ人を批判する者は「反ユダヤ主義者」のレッテルを貼られ、徹底的に攻撃される。これはこの世界を支配している彼らがその支配を維持するために作り上げた巧妙なトリックだ。

(以下、コメント)

●私はこれまでずっとヒトラーが悪人だと信じていた。しかしようやく真実に気づくことができた。この世界はユダヤ人の銀行家が支配しており、戦争の多くも彼らが引き起こしたものだ。この世界から貧困がなくならないのは、貧困が彼らの権力を維持する道具でもあるからだ。さらに彼らは白人種を絶滅させようとしている。シオニストどもの専制支配に対してはすべての民族が立ち上がるべきだ。チャーチルがドイツと戦ったのはユダヤ人の銀行家のためだった。イギリスを支配しているのは今も昔もユダヤ人銀行家だ。要するにチャーチルはユダヤ人の召使いでしかなかったのだ。

この続きをみるには

この続き:384文字

ヒトラーの警告「誰があなたがたの社会を破壊しているのか?」

歴史ニンシキガー速報

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。とても励みになります。
1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。