【年収400万円の方へ】キャリア構築のための戦略的転職プラン構築法 後編

「プロサラいすと」ブログからこちらのページへお越し頂きありがとうございます。本Noteはプロサラが20代にブラック企業でキャリア構築や転職について思考錯誤していた時に考えていた事を、その後のMBA留学や仕事で得た経験・知識から体系的にまとめたものになります。

当時のプロサラは頭の中で転職戦略を考えながら行動していました。ブラック企業勤務、27歳時の年収は400万円。一流大に入れずに二流大卒。保険代理店の営業職という肩書でした。エリートとは程遠いプロサラは、試行錯誤しながらどうやったら30代中盤以降をサラリーマンとして楽して過ごせるのか、を常に考えて生きていました。

冷静に当時の状況とプロサラ自身のスキルを考えた結果、MBA留学しか選択肢はありませんでした。

(※この点については後編のケーススタディで実例を挙げながら具体的に説明しています)

そしてMBA留学し、外資系企業勤務を経て、今では日系グローバルホワイト企業の経営企画部にてM&Aや戦略的提携に関する仕事をしています。まったり勤務です。年収も400万円から外資系時代には1,200万円になりました。

話しが少しそれました。なぜこのような事が実現できたのか?それには理由があります。

その理由を一言でいうと、

「キャリアアップや転職には戦略が最重要であると認識していたから」

です。

戦略を立てることに時間と労力を多く費やすことで具体的な行動が見えてきます。逆にいうと戦略を立てずに行動すると自分のありたい姿・理想に近づくどころか、今の自分と変わらずループしてしまう可能性があります。プロサラはそのような先輩、知人を数多く見てきました。

この有料Noteではキャリア構築・転職における戦略を、どうやって組み立てたらいいか、具体的な方法論について説明します。この方法を実践することで、例えブラック企業勤務、低年収、一流大学卒でなかったとしてもキャリアアップさせ、自分のなりたい姿(プロサラの場合は30代中盤以降に楽して稼ぐ)を実現させることができます。

以下は対象読者と読むと得られるメリットです。

どんな人が対象?

以下の人を対象読者に想定しています。それ以外の人でも十分に伝わる内容ではありますが、以下の人が読むとリアリティがあります。なぜならプロサラ自身のスペックだったからです。

・年齢層:社会人1年目から30歳くらいまでの人
・大卒以上
・営業職(法人営業でなく、どちらかというと泥臭い個人営業)
・年収:350万円から600万円くらいの人で30代前半で1,000万円、35歳くらいまでで1,200万円くらい稼ぎたい人(ただし、サラリーマンとして。副業は考慮しません)
・20代後半から30代前半くらいまでは頑張って40代で楽したい人

読むと得られる事

本Noteで記事に書かれていることを実践することで、キャリアアップもしくは、現状から抜け出すために、

・具体的に自分が何をしなければならないのか

を明確に把握することができます。

※本Noteは年収3,000万円とか副業で2,000万円稼ぐとかいうレベルのモノではありません。実現レベルとしては30代前半で1,000万円、30代中盤で1,200万円くらいの年収レベルの実現を想定しています。逆にいうと、年収3,000万円くらいの人が提供するようなハイレベルで相当な努力をしないと実現できないようなノウハウではありません。普通の人が普通に努力すれば簡単に到達できるレベルのノウハウになります。


後編(ケーススタディ) 目次と概要

・ケーススタディ前編

ケーススタディ前編ではプロサラが26歳の頃を事例として取り上げます。当時のプロサラの具体的なスペックについて説明し、戦略的転職プランの初期フェーズであるミッションの決定と、外部環境分析を行います。

・ケーススタディ中編

ケーススタディ中編では、前編に続きプロサラの事例における戦略プランについて説明します。具体的には内部環境分析を行い、当時のプロサラのスキルや経験を洗い出し、強みと弱みを把握します。そしてSWOT表に外部・内部環境分析結果をまとめて当時のプロサラの置かれていた状況を俯瞰します。


・ケーススタディ後編その1

そして後編その1では、得られたSWOTからクロスSWOT分析を行い、具体的な戦略方向性についてまとめていく作業を行います。ここまで来ると具体的に何をしなければいけないのかが明確になってきます。

・ケーススタディ後編その2

最後に後編その2では、ミッション達成のためにMBA留学が必要なことがわかったため、留学を挟むことでSWOT表はどう変わったのかを説明します。そして、STP分析に当てはめることで具体的な転職活動の目標を立てるところまでを解説します。


それではここからが本文になります。


ケーススタディ前編

戦略的転職プラン後編ではケーススタディを行い、具体的な戦略的転職プランの立て方のイメージを深めます。プロサラ自身が26歳くらいの頃に実際に考えていたベースを基に、今現在の環境ならどうするかケースとして考えてみます。

これまでのおさらい

前編・中編では環境分析から戦略策定までの一連の流れについて説明しました。外部環境分析で機会と脅威を把握し、内部環境分析で自身の強みと弱みを把握します。そしてSWOT分析でこれらをまとめ、さらにクロスSWOT分析で戦略の土台を固めていきます。さらにSTP分析で具体的に狙っていくべき業界、企業、職種を明確にします。これができてやっと転職活動を行うことができます。このプロセスを抜いて感覚だけで転職活動すると失敗するケースが多いです。なぜなら外部環境や自分自身を的確かつ十分に捉えられていない可能性が高いからです。しっかりと分析して戦略を作りましょう。


この続きをみるには

この続き:5,096文字

【年収400万円の方へ】キャリア構築のための戦略的転職プラン構築法 後編

プロサラ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

プロサラ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。