見出し画像

似合うって何だろう?

こんにちは、イメコン担当の高橋です^^

今日もパーソナルカラーについてのご紹介です★

私が行うパーソナルカラー診断は4つの観点があります!

色相・明度・彩度・清濁 です。

まずは色相からご説明しますね^^

「色相」とは色味のことで、黄みがかった色と青みがかった色のどちらが似合うかが診断ポイントになります。

誤解されがちですが肌の色が黄みがかってるか、ではありません><

あくまでも「調和するのはどちらのタイプか?」ということです。

診断はドレープという色のついた布をお顔の下にあてて肌の色味の変化を見ます。そしてその変化の度合いがその方に調和するか(似合うか)を見ます。

黄みがかった色をあてると、変化として、顔色に黄みを帯び、顔の色が強く見え、顔が膨張します。

黄みがかった色が調和する方は、血色がよく見え、元気に見え、顔がふっくらしてみえます。

調和しない方は、顔が黄ばんで見え、くすんだり野暮ったく見え、顔が大きく見えます。

また青みがかった色をあてると、顔色に青みを帯び、色が抜けて見え、顔が収縮します。

青みが買った色が調和する方は、色白に見え、透明感が出て、すっきりと見えます。

調和しない方は、血色が悪く見え、不健康に見え、げっそりして見えます。

なので、似合うかどうかは度外視して「色白に見せたい!」のであればブルーベースのトップスを身に着けるとその効果は得られますが、調和しないと「なんか顔色悪く見えるな」になってしまうということです。

どう感じるか、は人によるところでもあるため診断結果にバラツキがある方もいらっしゃいます。しかし弊社での診断は単純に「ブルーベース」「イエローベース」という二者択一の判断方法ではないため、より細かな診断結果をお伝えすることができます^^

 つづく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

株式会社プロタゴワークス

『主役から主人公へ』を合言葉に2019年4月に起業したブートストラップ企業。新しい概念を用いて、全てのヒトの”『挑戦』と『達成』をデザインする”集団です。個人・企業・団体向けに様々なサービスを手掛ける主人公製作所。https://www.protagoworks.com/

プロタゴワークス(たかはし)

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。