実習で落ちたくないあなたへ。とある指導者がまとめた実習の手引き(実習前編)

~この書籍への想い~
はじめまして。

理学療法士の長谷川元気です。

今回はこの書籍に興味を持っていただき誠にありがとうございます。

この書籍は「臨床実習で落ないために」という想いの元、作成されています。


というのも、私自身、学生時代にいった実習にあまりいい思い出がないのです。

学校での成績は決して良かったわけではありませんが、定期試験は特に問題なく通過していたため、順調かと思われた学校生活でした。

しかし、実習ではそうはいきませんでした。

私なりにもがき、頑張ったのですが、どうにもうまくいかず苦難の連続でした。

ある実習では期間を一週間延長してなんとか落ちずに済んだという経験があります。

あれから何年も経ちますが、あの時の焦りと危機感を未だに忘れることができません。

そんなこともあってか、私が臨床にでてからは『実習教育』に力を入れるようになりました。

実習で落ちるギリギリの経験をしてきた私が、“実習生が私と同じような経験をしないためにはどうしたら良いのか”について考えるようになったのです。

学生を指導する立場になって初めてわかった“実習”の本質。

それを今回この書籍を通してお伝えし、実習で落ないためにはどうしたらよいのかという一つの答えを提示します。


また、その他の細かい実習テクニックに関しては、私が運営する『リハぶっく』(https://reha-book.com/)でも紹介しております。

合わせて参考にしていただけると幸いです。


最後になりましたが、この書籍を手にとったあなたの実習への負担が少しでも減ることを、祈念いたしております。

長谷川元気 




==免責事項====================
○ この書籍の内容は独自の解釈と見解であるため、正当性を保証するものではありません。
○ この書籍を利用したことによって損害が発生した場合でも、一切の責任を負いません。
○ 無断で加筆・修正を行うこともありますが、ご了承ください。
○ 購入後のサポートは料金に含まれておりません。また、サポートの予定もありません。
○ いかなる理由においても、返金は致しかねます。
===========================


~~~目次~~~~~~~~~~~~~~
はじめに
【バイザー会議】の巻
【実習前の電話】の巻
【事前準備】の巻
【自己紹介】の巻
おわりに
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



はじめに

指導者に共通している ”実習生に求めること”
まず、指導者は実習中の学生さんに、なにを求めているのかという大前提を挙げます。

それは以下の4つを基本としています。
①礼儀作法
②意欲的な態度
③理学療法学の知識
④理学療法評価の技術

この中でも、特に重視しているのが①と②です。

③と④に関しては、正直多くは求めていません。
臨床家でも、これらを完璧にしている人など存在しないのですから。
ましてや、知識の定着が不十分な学生さんをそこで評価するのは、お門違いとも言えます。

ただ、どんな指導者も各実習に必要な最低限の知識・技術は有して欲しいと思うのは当然ですよね。
ここで問題なのが『指導者によって最低限学んでおいて欲しいという線引きが違う』という点がよく挙げられています。

そして近年の実習では、この最低ラインに関して学校側が評価したことと臨床家が求めているものの差が開いてきているという現状があります。
つまり、学校側で”実習に行ける”と判断した学生さんが、臨床では”実習に来るレベルではない”と判断するケースが増えているのです。
これも数年前から言われ始めた「理学療法学生の質が落ちた」といわれていることが関係しているのでしょうか。

残念ながら、現在学校に通っている学生さんはどこかで”質が悪い”というレッテルが貼られていることが多いのです。
指導者も人間ですから、どこかでそんな色眼鏡を通じて学生をみている人も少なくないのかもしれません。

では、そんな時代に実習生となったあなたが、実習で高評価を得るためにはどのように実習を過ごせばよいのか、とある指導者として普段指導していることを『実習の手引書』としてまとめました。

この続きをみるには

この続き:11,308文字/画像7枚

実習で落ちたくないあなたへ。とある指導者がまとめた実習の手引き(実習前編)

長谷川元気

1,980円

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

どうも、長谷川元気です。 理学療法士として病院勤務しています。 院内では臨床実習指導者担当としても活動しております。 私の経験をもとに、実習に役立つ情報を 『リハぶっく』(https://reha-book.com)でも情報配信中です。 最新の情報はツイッターよりどうぞ!

あなたのスキで私は頑張れます。ありがとうございました!
7

長谷川元気

理学療法士。呼吸療法認定士。医療従事者として、患者さまの人生や生き方について、日々向き合っています。最後は笑って過ごせるよう、私も精一杯リハビリテーションしていきます。医療者や実習生さん向けの情報を配信中です。『リハぶっく』https://reha-book.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。