■波に乗ってしまえ。大丈夫、今のところわたしは落ちてないから。

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです。

昨日、ある特定非営利活動法人代表理事の方とタイ料理屋で食事をした。”にがおえハンコ”の打合せも兼ねている。


「で、武田さんは最近どうなってるの?」

「えっと、呼ばれているので〇〇県へ行きます」


と、ことの流れを身振り手振りで話し始めた。



「なんか、すごいねー。」

「すごいですよねー」


と、わたしが他人事のように話すにはワケがある。わたしは波に乗っているだけだからだ。


例えば、〇〇県へ行くことに決めたのは、〇〇県に深い思い入れがあったからではない。先日まで行ったことすらなかった。でも、これは不思議なのだが、「〇〇県へ移住する!」と決めてから、物事が波のようにスムースに進んでいるのだ。



波が来てるなら、乗っちゃえ乗っちゃえ。わたしもそうだったし。」

「そういえば、先日お目にかかった方にも、”思ったときが潮時だから、やるといい”と言われました。」

「いい言葉だね。」

「はい。ライフネット生命の出口さんです。」

「ああ!」

「”100%の正解なんてない。自分が51%いいと思ったらやればいい。だめだったら戻ってきたらいいんだから。”と。」



わたしは自分が敬愛している方の言葉に、必要なタイミングで、幾度も救われてきた。

実は、友人とウサギがいる和カフェを作ろうとしたことがあり、物件契約まで話が進んだことがあったが。しかし、その直前で話が全部なくなってしまった。

ものごとが上手く進むときは、スーッと進む。だから、うまくいかなかったということは、何か違ったんだよ。むしろ、この段階でそれがわかったことに感謝しないとね。」

ある経営者さんに言われた言葉である。わたしはこれを、信じている。


だからこそ、今回は波のようにスムースに物事が決まるこの移住に対して、能動的かつ受動的に乗っかっているのだ。



「武田さんに、不安はないの?」

「ふ…ふあん?」

「うん」

「…(頭をひねって考える)」

「…」

「…ものごとが上手くいきすぎていて、反動がありそうで怖いです」

あはは、たぶんないよ。わたしもないし。


ここでわたしは気づく。わたし、そこが不安だったのか(° □ °)ナントゼンタクナ!!

そしてもうひとつ気づく。経営者や代表理事に共通する思考パタンに。


これは、わたしが敬愛している、IT業界の女帝とよばれる奥田浩美さんの著書「人生は見切り発車でうまくいく 」に書かれている言葉でもある。


「かっこいいと思えること(=自分が一番やりたいこと)をやる」

自分がカッコいいと思って情熱的に取り組むことは、そのパワーが周りに伝わり、他人も巻き込みやすくなります。
失敗したことも、自分がカッコいいと思う方向にトライアンドエラーを繰り返していくうちに、「かっこいいストーリー」に変えることができるのです。

「かっこいい」と思うことほど、できたときの感動が大きい



わたしが波に乗っていると思っている例をひとつお伝えする。


「わたし、ボルダリングをして、今からだがすごく調子がいいんですけど、〇〇県にボルダリング施設がなかったら、外の岩登るしかないなって思ってたんです。」

「じゃあ、外の岩登るの?」

「それが…調べたら、あったんです。さすがに歩いてはいけないんですけど近くに、それも、関西最大の全天候型の室内クライミング施設が。もちろんボルダリングもできます。」

「…それ、すごいね」

「ねー。なんでそんなところに(笑) だから、もう呼ばれてるのかなって」


こうして、美味しいタイ料理屋での時間は過ぎ、”にがおえハンコ”の打合せも行い(忘れかけていたけれど)、その方とボルダリングに行く日時も決め、さよならをした。


帰り道、てくてくと歩きながら、空を見て、いただいた言葉を思い出していた。

波に乗ってしまえ。大丈夫、今のところわたしは落ちてないから。



(この記事は、【地方移住→ペットホスピスつくるマガジン】月額継続マガジン内の無料開放記事です。ほぼ毎日更新しています。普段は単発で100円〜で配信しています。この記事は投げ銭150円です(ウサギのおやつ代になります)。月額継続マガジンは300円。もしよければ、購読いただけると嬉しいです。わたしの月額継続マガジンの内容や価格、自己紹介についてはこちらでご確認ください。)


/) /) (いつも、ありがとうございます**)
*´ㅅ`) o0

この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

■波に乗ってしまえ。大丈夫、今のところわたしは落ちてないから。

ねこセカンドハウスこむぎ

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

高知県にペットホスピスつくるまで

このマガジンは現在お休みしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。