■高知県移住→ペットホスピスをつくるマガジン運営方針

このマガジンにご興味お持ちいただきまして、ありがとうございます!

月額300円の有料noteマガジンの運営方針を書いてゆきますね。この記事は、最後まで無料でお読みいただけます。ご安心くださいませ☺

マガジンご購入先は → 地方移住→ペットホスピスつくるマガジン | 武田真優子/ペットヘルパー | note 


■内容は?

高知県移住からペットホスピスをつくる。その経過や四万十町での生活、人との出会い、表に出せない裏の事情まで、毎月15記事以上更新します。

高知県での主なことやまとめは、ブログ記事で更新します。→ 高知県とウサギとわたし 

ブログ記事では、書ける内容が限られてきますので、このnote有料マガジンのほうが、かなり生っぽい文章でお伝えします。このマガジンで書いた記事をブラッシュアップしてブログ記事にすることはあるかもしれません。

LGBTsかつ、偏った恋愛観を持つ著者のこのようなアレコレが、書かれるかも、しれません。


■価格は?

月額300円に設定したのは、ウサギ2匹のいちご代(=150×2 いちご…)です。美味しそうにイチゴを食べるんですよー!:)

1日10円で2匹のウサギたちを一緒に暮らしてみていただけたらな…と思い、この価格設定にしました!(高知県、遠いけどね)


■このマガジンの著者は、どんな人?

「人と動物が幸せに過ごせるペットホスピスをつくりたい」という想いを持って、七夕に高知県移住をする、武田真優子と申します。

1984年大阪生まれ32歳になる、老犬介護スペシャリスト/もふもふペットヘルパー。東京や大阪には、老犬介護の先駆者がいます。東京の師から、「地方に広めてくれたらいいな」というお声があったことが、移住を考え始めたきっかけです。

これから高知県高岡郡四万十町で8月から運営開始される、ゲストハウスのヘルパーとして、ウサギ2匹と共に1年間住み込みます。歩いて3分で四万十川!歩いて10秒で予土線の線路です。(よかったら遊びに来てくださーい!)

イラストレーターでもあり、「にがおえハンコ」をnoteで販売したり、講演会やイベントのイラストノートを書いたりしています。→【Caseごとまとめ】にがおえハンコ|たけだまゆこ/にがおえハンコ|note 

ご縁あって、ライフネット生命株式会社CEO 出口治明さんや、作家の小松成美さんの「にがおえハンコ」をおつくりしました。(お渡しの時、ドキドキしました)


■こんな方に、このマガジンは役立つかもしれません

・ いつか、移住したい方

・ 女子1人で移住ってどんな感じか知りたい方

・ 移住といっても、具体的にどうしたらいいのかわからない方

・ 移住のリアルを感じてみたい方

・ どれくらいのお金がかかるのか知りたい方

・ ペットホスピスに興味がある方

・ 自分で仕事を創り出すということに興味がある方

また、

・武田真優子を応援しよう!

・ウサギたちを育ててあげよう!

という、心優しき方の、金銭の応援もお待ちしています。(ウサギが飢えないように稼がないと!)

さらに、クリエイターサポートもありがたいです。よろしくお願いいたします。

みなさまとマガジン内でお目にかかれること、楽しみにしています :)→ こちら押していただくと、有料マガジン購入先につながります。

この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

■高知県移住→ペットホスピスをつくるマガジン運営方針

ねこセカンドハウスこむぎ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。