週刊恋愛サロン第127号1/3『恋愛工学生やナンパ師が憎らしくてたまりません』

こんにちは。PuADNAです。
一年で最も寒い時期でかつインフルエンザが猛威を奮っていますね。
この時期は無理して過ごさずに、温かい地域へ高飛びしちゃうのも手だと思います。
近場で言うと、沖縄・香港。
東南アジアやオーストラリアもいいですね。
海外に出張理由を作って、そこのトップに呼んでくれと言えば、意外と行けたりします。
ということで、寒い時期ですが、ご自愛ください。

今回は恋愛工学やナンパにアンチの方からの相談です。

-恋愛工学やナンパみたいなやり方じゃない方法はあるか by Kさん

突然のDM失礼します。匿名Kといいます。
恋愛工学生やナンパ師の人々が憎らしくて憎らしくてたまりません。
ツイッターで流れてくるのをみると、やたら女性をもてあそんだりしていて、倫理的にどうなのかと思っていまいます。
自分は彼らのようになりたくはありません。でも、好きな女性と恋愛をしたいとは思っています。
今、自分には気になる人がいます。
恋愛工学やナンパみたいなやり方ではない方法で、どうやってアプローチすればいいでしょうか?

-PuANDAの回答

この続きをみるには

この続き:4,143文字
記事を購入する

週刊恋愛サロン第127号1/3『恋愛工学生やナンパ師が憎らしくてたまりません』

PuANDA

290円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

PuANDA

週刊恋愛サロン(月額990円)new

週刊恋愛サロンを月額990円で読めるマガジンです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。