【週刊恋愛サロン第17号】アルファチェックリスト/女の中間テスト〜その傾向と対策/「テストステロン系アルファ」と「セロトニン系アルファ」


こんにちは。PuANDAです。

発行が遅れて申し訳ございません。

なんとか藤沢数希さんの「金融日記」よりは早く!を目指して、

スケジュールを改善していきますのでなんとかお付き合いください。

さて、今週はアルファメイルについての記事が2つあります。

そもそもアルファメイルとは、

その他大勢の野郎より、チカラも強く優秀でリーダーシップを発揮してモテモテの男です。

男の社会では、幼少期から「ガキ大将」「サッカー部のキャプテン」「巨大サークルのリーダー」「若手の出世頭」「大企業の社長」という風に競争が設定され、勝者が金とオンナを総取りできるというルールがあります。

今回はそのアルファメイルになるための戦略といったものについて考えてみようと思います。

ちなみに編集部のムッタ氏やオンク氏に飲みの場まで追い回され、

原稿をかけと尻を叩かれている私はアルファメイルではまったくないです。


週刊恋愛サロン第17号−目次

1)ムッタの【アルファ・チェックリスト】

2)「女の中間テスト」傾向と対策〜Cフェーズ編〜

3)「テストステロン系アルファ」と「セロトニン系アルファ」


1)ムッタの【アルファ・チェックリスト】

それでは、今後もお楽しみください。

こんにちは、書評担当のムッタです。

週刊恋愛サロンで「恋愛プレイヤーの皆さん向けに"【即】使える"書評コーナー」を担当しています。今回もぜひ気軽なお気持ちで楽しんでいただければと思います。

・とある1週間

月曜日は合コン

火曜日はジム

水曜日は仕事系のセミナー講師

木曜日は終電まで仕事

金曜日はジムと恵比寿横丁

土曜日は彼女とデート

日曜日は執筆+ミセクアポ

私やPUA、クラスタ仲間の1週間は濃密です。

結論から申し上げると楽しいことしか起こらない。

(もちろんちょっと盛っている曜日もあります。(笑))

新入社員の頃と比べるとだいぶ違いますね。

猿山を登ってくるに連れてだんだんと景色が変わってきます。

あなたの1週間はいかがですか。

抽象化やチェックリストが大好きなので、

アルファ男チェックリストを勝手に作ってみました。

【アルファ男チェックリスト】

1.仕事が楽しくて仕方ない

2.市場に受け入れられて内外から仕事を頼まれる

3.他の男性から合流や合コンの誘いがくる

4.仕事のステークホルダーと良好な関係が築ける

5.後輩や学生から質問される、OB訪問される

6.学習する、仮説検証する、振り返る、気付きを抽象化する

7.継続的に筋トレをして体型を保つ・若々しい

8.笑顔が素敵

9.挨拶が印象的~握手・大きな声・目力

10.常に向上心を持っている

あなたはいくつ当てはまりますか。

仕事をしても、男だけで飲み会をしていても、常にアルファを意識すると結果的に女の子にモテるのではないでしょうか。

今週はタカシさんの恋愛戦略論講義を書き起こしました。

以前はPuandaさんのステナン講座も受けました。

2人ともアルファの極みのような存在です。

ぜひ、一緒に真のアルファを目指していきませんか。

(まあ、いきなり2人みたいにはなれないですが・・・)

<ちょっとだけノウハウのご紹介>

・出会い編

LINEゲットすることが目的になっていませんか。

先日パーティでステナンしていました。

彼女は24歳の若手OL。見た目はギリギリアラツーに見えるくらいの健康的な可愛らしい子。イメージは新垣結衣。

パーティでは次々にパッと見AFCたちが、その結衣ちゃんに声をかけていました。

彼らは、質問攻めしてから、LINEを聞いて去っていきました。

私は、LINEをゲットするのではなく、次に楽しく飲むことを目的に会話を続けていきました。そして、獺祭を飲んでみたいということで、獺祭バーの話に。

「行きたい!」と結衣ちゃん。

すかさず、日程を確定してじゃあ、この日にどこ集合ね。

ここまで時間にすると20分程度。

「そういえば、LINE訊いてないですよね」と結衣ちゃん。

なるほど、前のめりで楽しいことを一緒にするという方向性で話すと、

こんな可愛い子からLINE聞かれるんだな、と思った1日でした。

アポを決めてからLINEを訊くというのはタカシさんの恋愛戦略論でも語られていたので、おすすめです。

・アポ編

こちらは、タカシさんの恋愛戦略論で一番印象に残った部分。

あまり書くとタカシさんに申し訳ないので1点だけ。

<<会った瞬間、めちゃくちゃ楽しそうにする>>

会った瞬間いきなりハンドテストをするとよいと以前の週刊恋愛サロンでお伝えしましたが、もっと初歩的かつ効果的です。

これって、相手にとってはすごくうれしいですよね。

「私に会って、この人うれしいんだな」

彼女が思えば、心を開きますよね。そして股も開くでしょう。

デートの最初って緊張しますよね。そこで、めちゃくちゃ楽しそうな顔をする。

ある程度結果を出せるようになったPUAは、アポを蔑ろにしたり、負けてもいいや、次もいるし、と思ってしまいがち。

そうではなくて、「こんな可愛い子とアポれてラッキー」という感じ全開にするのがおすすめです。

楽しそうな雰囲気は相手に自然に伝わるので。

・マインド編

さて、今回お伝えしたい内容は、このマインドです。

以前もたびたびマインドのお話をしてきました。

今回は、『成功者3000人の言葉』という本を引用して、一緒にマインドを鍛えていきたいと思います。

『成功者3000人の言葉』について

-----------------------------------------------------

内容紹介

凄腕ライターが20年間集め続けた「インタビューメモ」の集大成!

多くのベストセラー書籍に携わり、累計40万部突破のインタビュー集などの

取材構成を手がけた著者が、各界トップランナー3000人から直接聞いた

「毎日の過ごし方」「仕事への向き合い方」「幸せをつかむための行動」とは?

・誰かの役に立つことを、仕事と言う(名経営者)

・向き不向きなんてない(グローバル企業トップ)

・頭が真っ白になっても身体が動いた(五輪金メダリスト)

・あなたの苦労は、みんな知っている(人気歌手)

・第一志望の会社に入るな(人事コンサルタント)……etc

◎話題のキーパーソンが激賞◎

「成功者は失敗を栄養にして成功者になる。リーダーを目指すあなたには、

今すぐ読んでおいてほしい1冊」

岩田松雄(前スターバックスコーヒージャパンCEO)

「お手軽な名言集ではない。3000人の心の奥底から絞り出された、本音の

叫びが詰まっている。若い人にこそ読んでほしい、勇気の書だ」

ジョン・キム(作家。元慶應大学大学院特任准教授)

-----------------------------------------------------

・抱けると思って行かないアポは負ける

これをTwitterでつぶやいたところ、反響がありました。

以下、本文を引用します。

-----------------------------------------------------

「受かると思って行かない面接は落ちる」まさに至言だと思いました。自分は就職のとき、これができていなかったのか、と思い出しました。面接官は多くの場合、誰かを落とさないといけない。そのとき、誰にするか。真っ先に浮かぶのは自信のない人です。もうこの時点で勝負はついていたということです。そしてこれは、あらゆる場面に当てはまります。

『成功者3000人の言葉』より

-----------------------------------------------------

ホントにこれです。どうせできない、と思うのか、きっとできると思うのか、

思考は現実化する、ではないですが、どちらも現実になります。

女性側の視点に立つと、自信がない男に抱かれたいですか。

・70点主義で行く!

-----------------------------------------------------

だから、70点主義でいいのだ、と彼は言うのでした。ある程度行ける、と思ったら、結論を出して一歩踏み出す。その通りに行けばそれでいいし、そうでなければ方向転換すればいい。方向転換をしながら、ゴールに近づいていく。その方向転換のスピードを、徐々に速める努力をする。面白かったのは、これは就職も同じだ、と言っていたことです。みんないきなり100点を会社に求めようとする。でも、そう簡単に巡り会えるものではない。だから、70点主義で行く。そこから始めればいいのだ、と。

『成功者3000人の言葉』より

-----------------------------------------------------

これはナンパも同じですよね。

まずはコリドーや街コンでも何でもいいので、行ってみる。

そして男に話しかける。慣れてきたら逆3してみる。そして即を狙って連れ出してみる。いきなりボディータッチしてみる。こうして70点をだんだんとれるようになれば、ゴールも近いです。

たいていのAFCたちは出会いの量が足りておらず、女の子にちょっと拒否されるとすぐに諦めます。

私たちは70点主義で楽しみながらレベルアップしてまいりましょう。

・最後は人間性

-----------------------------------------------------

経営者にインタビューするとき、いつも楽しみにしている質問があります。部下を昇進させる、あるいは抜擢するときには、どんなところを一番、見るのですか、(中略)私はたくさんの経営者にインタビューしてきましたが、平たく言って「いい人」が多いという印象を持っています。謙虚で、サービス精神旺盛で、丁寧。もちろん仕事でしっかり結果を出し、仕事人として優れているから出世するのだと思いますが、同時に人間としてきちんとしている、ということです。仕事に必要なものを"スキル"と"マインド"に分けて解説してくれたコンサルタントがいました。多くの人はスキルを強く意識するが、実はスキルだけでは限界がある。大切なのは、マインドも同時に強化していくことだ、と。マインドとは、人間性であり、人としての寛容さや豊かさであり、教養や文化性、感性や五感といったもの。経営トップはそうしたマインドも重視したいのです。

『成功者3000人の言葉』より

-----------------------------------------------------

五感って大切ですよね。女の子は雰囲気イケメンという表現をしますが、決して顔のパーツが整っていなくても髪型や体型、そしてファッションでイケメンに見えますよね。

筋トレや日焼け、そして歯なども大切です。

そうした見た目だけではなく、ちょっとした言葉遣いや会話の細部に醸し出される教養。

だんだん魅力度が増していくアルファは会社からも女性からもモテるでしょう。

・自分はきっとモテるようになる。

-----------------------------------------------------

成功者に会って思うことは、この意識づけが極めてうまい、ということです。例えば、自分はきっとうまくいく、自分にはもっと大きな可能性がある、まだまだ何かができるはずだ、と思っている人が多い。しかも、大事なことは、一方で自分の弱さや愚かさも認識していること。同時に相応の努力をしていくのです。大きな可能性のために自分に何ができるのかを常に考え、行動していく。意識と行動がマッチして、運が生まれる。

『成功者3000人の言葉』より

-----------------------------------------------------

・不安はなくならない。

-----------------------------------------------------

不安はなくならない~成功者たちは、不安とどう向き合っているのか。(中略)「収入がなくなるのではという、断崖をのぞくような恐怖はずっと続いている」次は、レギュラー番組を何本も持つタレント。「明日、すべての仕事を失うかもしれない、という危機感はいつも持っている」巨額の資産を持っている経営者も同じでした。

『成功者3000人の言葉』より

-----------------------------------------------------

・自分が後輩から質問される姿を思い描けますか?

-----------------------------------------------------

「自分がヒーローインタビューを受けているところをイメージしてみればいいんじゃないですか。そうすれば、わかると思うんですよ。もし今、インタビューで語るに足る内容がなかったとすれば、まだまだ成功には早い、ということです。いつか成功したいなら、ヒーローインタビューに答えられるような体験を求めればいいと思うんですよ」

『成功者3000人の言葉』より

-----------------------------------------------------

・自然に触れる・本を読む・筋トレをする・人と会う=充電満タン

出世したり、モテたりするためにはエネルギーが必要です。

たいてい団塊の世代の人と話すとみんなエネルギー不足。

そして、リア友のお父さんたちもみんなエネルギー不足。

人を魅了し、動かすためにはエネルギーが必要です。

私は自然に触れたり、人と会ったり、筋トレもしますが、

読書をすると一番元気が出ます。

きっと知恵は力なんだと思います。

(2016年1月1日~9月30日までに読んだ本297冊)

今回は以上です。それではまた!


2)「女の中間テスト」傾向と対策〜Cフェーズ編〜

こんにちは。オンクです。

この前彼女と居酒屋のカウンターで飲んでいたところ、隣の付き合う前らしきカップル?の会話が聞こえてきて、女の子からの質問に対する男側の回答が「あー、いけてないなあ」「いやや、ちょ、それ最もNGなやつ」とどうしても気になってしまいました。まあ当然のように途中から会話は減り、手を繋ぐこともなく微妙な物理的距離を保ちながらそのカップルは帰って行きました。

完全にただ大きなお世話なのですが、彼が今週号の内容を知っていればふたりとも勝てるゲームになったかもしれません。(もちろんそこからロングシュートを決めた可能性もありますが。。。)

というわけで、今回は中間テスト傾向と対策~Cフェーズ編~です。

今週もよろしくお願いします。

●中間テストとは

恋愛工学でいう中間テストとは、セックスさせる価値があるかどうか判断するために女から男に課されるさまざまなテストのことをいいます。

この中間テストはナンパ業界でいうところの"グダ"や"グダグダ"、"Shit tests"などとしばしば混同されますが、微妙にそのニュアンスは異なります。セックス前によくある「なにもしないって言ったじゃん」や「まだ逢ったばっかりだから…」というわかりやすい拒否をナンパ業界で俗に"グダ"などと呼ぶのに対し、"中間テスト"はもう少し広い意味で女の子がデート中何気ない会話の中に課してくるテストも含んでいます。

そして、これらの中間テストの成績によっては途中でLINEが返ってこなくなったり、ホテルに連れ込めなかったり、セックスに至れなかったりします。この成績が極めて悪い場合には女子会やブログのネタにされてしまうことさえあります。優秀なプレイヤーは経済力などのファンダメンタルバリューもさることながら、例外なくこうしたテストの突破方法が熟知しているのです。

●Cフェーズで課される中間テスト傾向と対策

ACSモデルでいえば、主にC、Sフェーズで中間テストは課されます。Cフェーズでの中間テストはSフェーズでのそれとは傾向が大きく異なります。テストの形式をしていない、ということです。Sフェーズのように「まだ会ったばっかだからエッチしない」とわかりやすくセックスへの拒否という形式ではあらわれず、デート中の会話やLINEでのやりとりの中で不意に出題されます。この出題に対し、何も知らない多くの男性は回答を誤るどころか存在すら気づかないうちに不合格とされてしまうのです。

Cフェーズでのテストは一問一答のようにこう聞かれたらこう!と答えられるものから一概に答えが決まらないものまでさまざまです。当然にそこにはその出題に至るまでのストーリーやふたりの関係性といった文脈があるので考えてみれば至極当たり前な話です。

対策の基本的な考え方としては、

この続きをみるには

この続き:8,220文字/画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

1号あたり単品購入の半額以下で購入いただけます。

または、記事単体で購入する

【週刊恋愛サロン第17号】アルファチェックリスト/女の中間テスト〜その傾向と対策/「テストステロン系アルファ」と「セロトニン系アルファ」

PuANDA

590円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

37

PuANDA

週刊恋愛サロン11号−20号まとめ買い

1号あたり単品購入の半額以下で購入いただけます。
5つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。