【週刊恋愛サロン第107号1/3】実録!アルファの振る舞いを身につけた男

この夏、コンサル生の一人が大きな成長を遂げました。
もしかすると本人はその瞬間気づいていなかったかもしれませんが、この溝を越えられるか越えられないかで、
モテのクオリティは大きく変わるのです。

その溝とは、自分に自信をもって相手を口説けるか。

恋愛コンサル生Xさんの成長プロセスをレポートからあぶり出してみましょう。

●8月某日Sクラス女性とデートをしたXさんのレポート

久しぶりにS・Aレベルの可愛い女性にお会いしました。
結果から申し上げますと、チャンスはゼロでなかった気がしたので、本当に失敗だらけで悔やまれる結果になりました。
(勘違いかもしれないですし、時すでに遅しなんですが…)

今思えば、「焦らず、こう切り返せば良かった…」と反省点ばかり浮かんでます。
個人的な敗因はCフェーズで十分な和みをしなかったまま、手つなぎや家打診をして引かれたからだと思っています。

稚拙なレポートで恐縮ですが、ご確認およびご教授いただけたら嬉しいです。

============================
日時:2018年8月●日、19時30分~
場所:恵比寿
相手:ゆきえさん

この続きをみるには

この続き:9,282文字
記事を購入する

【週刊恋愛サロン第107号1/3】実録!アルファの振る舞いを身につけた男

PuANDA

290円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

PuANDA

マーケティング・統計学・心理学の知見をベースに日々のフィールドワークを通じて、日本の恋愛・婚活市場の調査を行っています。得意分野はステルスナンパ。みなさんの恋活・婚活がうまくいきますように。twitter→ @shoichirosm

PuANDA/オンク/ムッタ/藤原の恋愛コンサルティング

週刊恋愛サロンの編集部が、4人体制でコンサルティングを行います。パーティー情報、出会いスポット情報等もご提供します。週刊恋愛サロンも読めます。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。