【出会いスポット研究所vol.1】300Bar銀座8丁目店の現状



恋愛サロンで、「出会いスポット研究所」所長のPuANDAです。

初回はアラフォーのShinさんから、300Bar銀座八丁目店のレポートです。

------------------------

はじめまして。アラフォーリーマンのShinと申します。これまで社内調達で逢瀬を重ねてきましたが、故あって、この春から社内調達を自粛して、そのリソースを外部市場に注ぎ込んでいます。とはいっても、自由になる時間にもお金にも制約があるのが社畜の定め。そこで、今、話題の出会いスポットの研究です。

今回、私が訪れたのが、現在、都内屈指のナンパスポットとして、テレビ番組にも取り上げられるようになった銀座のコリドー街にある300BAR(スリーハンドレッドバー)銀座8丁目店です。

http://www.300bar-8chome.com/

この系列店は銀座を中心に数店舗を展開していますが、とりわけ、このお店は、ほとんどの女の子が男性に声をかけてもらうのを目的に来ているといっても過言ではないほど!女の子も出会いに困ってるんですね。簡単に会話がオープンしますよ。

さて、お店のシステムですが、その名の通り、基本的なドリンクは税抜き300円。簡単なフードも300円です。サービス料やチャージもありません。チケット制になっていて、バラ売りは、女性は2枚以上から、男性は3枚以上から購入可能で、11枚綴りは10枚分の値段で購入できます。11枚綴りは系列の共通チケットになっていて、購入した以外のお店でも使えます。また、チケットをお店の入り口で見せれば、オーダーせずとも店内に入れるようになっているので、移動の労を惜しまなければ、共通チケットを手に系列店を物色するという小技も使えます。使い切れなかったチケットは、後日使用可です。

私が訪れたのは、とある平日の夜19時。出会いを求める仲間数人と、コリドー街に面した階段を下り、地下の入口を入ります。店内は、オールスタンディングで、大きなテーブルがいくつかと壁沿いにテーブルという構成です。場所柄、学生の女のコは少なく、20代からアラサーの社会人が中心です。とはいっても、この時間は、お客さんもまだまばらで25人ほど。うち女性は5人。アラサーの2人組、20代半ばの2人組、30代の男2人+20代前半の女1人のグループです。

この時間は、飲み会の開始時間に早く着いてしまい、ちょっと一杯という方が多いです。実際、20代半ばの2人とグループはそんな感じ。

ナンパされようという女のコが増えてくるのは、もう少し遅くなってからなのですが、「仕事帰りですか?」とか「早いですね〜、この後、飲み会ですか?」という感じで声をかければ、無理なくオープンします。

男性を含むグループの場合、男性に話しかけるのも有効ですね。とりわけ、男女の人数比が一致していないグループは、会社の集まりというパターンも多いので、男性を起点にお目当ての女のコに話しかけるという作戦もワークしますよ。

20時になると、店内も少しずつ混み合ってきます。ただ、男性客が増えるペースが、女性客のそれを上回るため、女性の比率は15%くらいです。それでも、この時間は、まだ様子見してしまう男性が多いので、自分から積極的に声をかけられる男性ならば、有利に試合を進められると思います。そうそう、来店する女性は2人組が多いです。

そして、21時を過ぎた頃から、他の店で1次会を終えた人たちが続々とやってきます。店内はかなりの賑わいで、混んでいる電車くらいな感じです。女性の比率は20〜25%くらい。ほとんどがナンパされに来ているので、オープナーは「おつかれー」でも「女子会帰りですか?」でも、ぶっちゃけ何でもオープンします。もちろん、見た目がタイプじゃなかったりすると塩対応もされますが、そのときは、黙って、他の女のコに行きましょう。

この時間帯になってくると、男性も酒が入って勢いが出てくるので、女のコは店に入って5分もしないうちに、声をかけられます。そこで、入り口近くに拠点を構えて、片っ端から声をかけたり(コードネーム・散弾銃)、好みのタイプを待ち伏せしたり(コードネーム・スナイパー)、あるいは、ドリンクの購入列に並んだコの背後をとって話しかける(コードネーム・ゴルゴ13)という作戦も必要になってきます。

なお、22時くらいになってくると、浮いている女のコが少なくなり、声かけの難易度もちょっと上がってくるかもしれません。23時くらいになると、店内もだいぶ落ち着いてきますが、女のコも普通のコというよりは遊び慣れた感じのコになってきます。

ちなみにこの日、私がゲットしたLINEは、カワイイ×1、まぁまぁ×3、それなり×2、という計6ゲット。お気に入りのコは残念ながら、翌日には既読スルーになってしまいました。負け惜しみではありませんが、ナンパされに来ているコが多いので、既読スルーになる率も高いです。気に入ったコと和むことができたら、早めに外のお店に連れ出すという方がよいかもしれませんね。


-------------------------------

今回のレポートは以上です。

「出会いスポット研究所」では随時研究員を募集しております。


この続きをみるには

この続き:0文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

恋愛サロンメンバーが出会いスポットを調査し、レポートします。

または、記事単体で購入する

【出会いスポット研究所vol.1】300Bar銀座8丁目店の現状

PuANDA

290円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

PuANDA

恋愛サロン出会いスポット研究所(vol.1-vol.4)

恋愛サロンメンバーが出会いスポットを調査し、レポートします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。