【週刊恋愛サロン・第13号】セックストリガー理論/LINEが死番する理由/ナンパの出口


こんにちは。編集長のPuANDAです。

出張でヨーロッパに行くことが多いのですが、

現地の友人や仕事仲間と会話していると、暗い話題が多いです。

つい先日も、ミュンヘン・ロンドンあたりを回ってきたのですが、

移民問題だったり、貧富格差による治安悪化問題、高騰化する税金と公的サービスの劣化など、

むしろ日本のほうがまだ全然明るいなと思うくらいの印象があります。

正直、アジアの未来のほうが可能性に満ちています。

今の若い人は日本に閉じずに、「アジアで生きていく」くらいの感覚でちょうどいいのだと思います。

そうすれば、きっとキャリアや生き方、そして恋愛戦略にオリジナリティが出てきます。

ちなみに将来的にはそのへんを悠斗さんとやろうと思っていますのでご期待ください。



それでは目次です。

週刊恋愛サロン・第13号ー目次

1)恋愛工学最重要科目セックス・トリガー理論 by オンク

2)LINEが死番する理由、ナイナイ岡村×ISSAの恋愛論 by ムッタ

3)ナンパの出口 by PuANDA

今号もお楽しみください!


1)恋愛工学最重要科目セックス・トリガー理論

こんにちは。IT戦士オンクです。

もう夏も終わってしまいましたが、個人的には涼しくて遊びやすいのでこれからの季節の方が好きです。

ビアガーデンも納涼船なんか行っても暑くて疲れちゃうので、これくらいの気温がちょうどいんです。

収穫の秋と言われるようにこれからは夏に出会ったたくさんの子とのデートが増えそうです。

というわけで収穫に向けて、恋愛工学で必須科目ともいえるセックス・トリガーについてです。

よろしくお願いします。

・恋愛工学必須科目ともいえるセックス・トリガー理論とは

・ヤリ捨てされないためのセックス・トリガー発動3ステップ

・ただしセックスを目的にしてはいけない

●恋愛工学最重要科目セックス・トリガー理論とは

恋愛プレイヤーであれば、セックス・トリガー理論はもはやプレーヤーであれば、誰でも知っていると思います。

「女は好きな男とセックスするというよりもむしろセックスした男を好きになる」

という理論です。というよりももう一種の法則ともいえるレベルの信憑性を誇ります。

なぜこれが起こるのかというと、様々な角度からの説明ができます。

この続きをみるには

この続き:11,230文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

1号あたり単品購入の半額以下で購入いただけます。

または、記事単体で購入する

【週刊恋愛サロン・第13号】セックストリガー理論/LINEが死番する理由/ナンパの出口

PuANDA

590円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16

PuANDA

週刊恋愛サロン11号−20号まとめ買い

1号あたり単品購入の半額以下で購入いただけます。
5つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。