【週刊恋愛サロン第19号】ステルスアモッグテクノロジー/上野プロトコル /恋愛で最も使える非言語コミュニケーションとは?

こんにちは、週刊恋愛サロン編集長のPuANDAです。

今週号は初級プレイヤーが中級プレイヤーへレベルアップするための諸々のテクノロジーが詰まった号になっています。
私は常々思っているのですが、ある程度ナンパができてかつ女性をキープできるようになってくると、もう非モテに戻ろうと思っても戻れない状態に来ると思うのです。要は、狩りから育成(キープ)まで恋愛の一連の作業をすべて自分自身だけのチカラでできるという自信がそうさせていると思うのですが、逆に言えば、「ひとりでナンパができない」、「ひとりでクロージングができない」、「セックスできても長続きしない」など、どこかに問題がある場合は、早急にそのポイントを埋める必要があると思うんですね。で、それができるようになれば、ある程度数をこなせば、あとは自分の仕事やライフステージの環境に合わせてそのナンパ恋愛スキルを稼働させていけば、かなり自由度の高い人生を送れると思います。

週刊恋愛サロン第19号−目次
1)ナンパ時→ステルスアモッグテクノロジー(SAT)
2)デート時→ムッタの上野プロトコル
3)全体→恋愛で最も使える非言語コミュニケーションとは?

それでは、今週号もよろしくお願いします。

1)ステルス・アモッグ・テクノロジー(SAT)

こんにちは、PuANDAです。
AMOGingというワードをご存知でしょうか。

Alpha Male Of Groupの頭文字で、その場で最も力をもったアルファメールとして振る舞うというのが語源ですが、実際には、ナンパスポットで他の男と話している女を奪い取るというような意味で使われます。

アルファメールだから奪い取れるという、根本のところでの理屈は間違ってないと思います。

さて、僕みたいな競争嫌いの人間は、数で[男>>女]状態のナンパスポットを嫌うわけです。

だって、そもそもその他大勢の男と競わないと、女と話させてももらえないので。いわば工学部にいる男子のような気分です。こういうときの打ち手としては、もうAMOGINGしかないわけです。

その際、普通のAMOGINGは、半ば強引に女の子に話しかけグループに入っていきます。メタメッセージとしては「俺達のほうが魅力あるでしょ?俺達としゃべったほうがぜったい楽しいよ」です。

ナンパスポットで観察していると、非モテ二人組が勇気を出して話しかけた女の子二人組に、ちょっとイケてる風の二人組がこのようなAMOGINGを仕掛けているのをよく見ます。


一方、今回ご紹介するステルスアモッグとは、一見AMOGINGには見えません。ただ結果として、別の男たちと話していた女性をこちらに振り向かせることができます。

その方法ですが、簡単です。

この続きをみるには

この続き:7,363文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

1号あたり単品購入の半額以下で購入いただけます。

または、記事単体で購入する

【週刊恋愛サロン第19号】ステルスアモッグテクノロジー/上野プロトコル /恋愛で最も使える非言語コミュニケーションとは?

PuANDA

590円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

21

PuANDA

週刊恋愛サロン11号−20号まとめ買い

1号あたり単品購入の半額以下で購入いただけます。
5つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。