東京オリンピックでは写真のSNS投稿が禁止!写真の肖像権や著作権についての正しい理解とは

先日、このようなニュースが流れていました。

「2020年に行われる東京オリンピックで、観客は国際オリンピック委員会の事前の許可なくしては、撮影した写真や動画をネットに投稿してはいけないことが決定された。」
選手の写真だけではなく、観客が応援している様子なども投稿してはならないとのことです。
https://www.asahi.com/articles/ASM5Q7J9YM5QUTIL082.html?ref=hiru_mail_topix1

つまり東京オリンピックでは、せっかく観戦に行って白熱の試合状況を撮影しても、SNSでシェアすることができないのです。選手だけではなく単なる応援風景すら投稿が禁止されます。観客が撮影した写真の著作権は、IOCに譲渡される規約になっています。

いったいなぜ、このようなルールが設定されるのでしょうか?

実は、これは著作権法などの法律上の規定によるものではなく、オリンピック開催側が定めた独自のルールです。そのためこの規定には「制限が厳しすぎる」「著作権侵害にならないのになぜ?」という批判も寄せられています。

ただしこのルールがなくても、試合における選手の写真を撮影したり投稿したりすると「肖像権」との関係で問題になる可能性があります。

以下では肖像権がどのように認められるのか、また著作権との違いや肖像権侵害になるかならないかの判断方法などをご説明していきます。

1.肖像権とは


オリンピックなどで選手の写真を撮影すると、肖像権侵害になるのでしょうか?
知っているようで知らない「肖像権」。
そもそも肖像権とはどのような権利なのか、理解しておきましょう。

肖像権とは、「自分の姿をみだりに撮影されたり公表されたりしない権利」です。
誤解されていることも多いのですが、肖像権は「誰にでも」認められます。有名人だけではなく一般人にも認められますし、大人にも子どもにも認められます。

また肖像権は「勝手に写されない権利」「勝手に公表されない権利」の2つを含みます。
無断で撮影された場合にはもちろん肖像権侵害ですが、撮影について許可していても勝手に投稿されたらその時点で肖像権侵害となります。

たとえば友人と一緒に写真を写すとき、撮影について許可を得ていたら写真撮影しても肖像権侵害にはなりませんが、友人の許可なくツイッターに投稿したらその時点で友人に対する肖像権侵害になってしまいます。友人から差し止め請求や損害賠償請求を受ける可能性が発生します。

2.肖像権法はあるのか


著作権には「著作権法」という法律があって守られていますが、肖像権には「肖像権法」があるのでしょうか?

実は肖像権について定めた明確な法律はありません。肖像権は判例や解釈によって認められる権利です。

そこで肖像権についてわからないことがある場合、「肖像権法」を探して調べようと思っても不可能です。これまでの判例や弁護士などの法律家に聞いて正しい、解釈を知る必要があります。

3.肖像権と著作権の違い


ネットで写真を投稿するときには、肖像権と著作権の両方に配慮する必要があります。

以下では具体的に何に気をつければ違法にならないのか、具体的に説明していきます。


まずはこの2つは何が違うのでしょうか?混乱している方もいるのでご説明しましょう。

この続きをみるには

この続き:1,790文字
記事を購入する

東京オリンピックでは写真のSNS投稿が禁止!写真の肖像権や著作権についての正しい理解とは

ぴりか

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。 微力ながら少しでも社会に還元できるよう、糧にさせていただきますm(_ _)m

ありがとうございます!嬉しいです!(^▽^)/
2

ぴりか

法律や不動産が得意なライター 元弁護士。法律ポータルサイトや士業事務所HP、多数の記事執筆や監修、企業HPなど お問い合わせは puku3154127@gmail.com すべてのフリーランスに捧げる法律マガジン運営中 ブログ https://legalharuka.com/

ライター、フリーランスの活躍を全力で応援する法律マガジン

元弁護士(実務経験10年)の法律専門ライターが、ライターやフリーランスに必須の法律知識を解説します。取引条件の設定や変更、報酬未払い予防方法やトラブルに遭ったときの対処方法など。 どこまで稼げるかなどの収益に関する情報も提供していきます。 ちなみに筆者のクラウドソーシング...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。