医療系の大前提~バイタルサインを見直そう!

バイタルサイン(Vital signs)のバイタル(Vital)とは「生命維持に必要な」「命にかかわる」という意味です。


つまり、バイタルサインとは「生命維持に必要な徴候」という意味で、人の生命にも関わる最も重要な情報と言えます。

具体的には血圧、脈拍、呼吸、体温の4つのことを言います。これに意識を加えた5つを言うこともあります。

このnoteでは、血圧、脈拍、呼吸、体温の4つについて記載していきます。


普段、バイタルサインを意識するのはいつでしょう?

おそらく基準値からはずれるような異常を見つけたときだと思います。

しかし、バイタルサインを正常と異常に区別する前に、それは患者様、利用者様の生命現象をとらえていることを念頭におくことが重要です。


はたしてバイタルサインをしっかりと評価できているでしょうか?

体温が何を示しているかわかりますか?

体温のセットポイントを考えたことがありますか?

高体温とうつ熱の違いが分かりますか?

血圧を高いか低いかだけで判断してないでしょうか?

脈拍を数値やリズムのズレだけで考えていないでしょうか?

SpO2の値がズレる条件を知っていますか?

呼吸を数とリズムだけで考えていませんか?

呼吸困難感があっても数値に異常がないときに戸惑っていませんか?


普段は異常がないことが多いので、いざ異常があったときにアタフタしてしまったり、異常に気付けなかったりします。

その時になってからでは遅いのです!

医療の道に進むのであれば、まずバイタルサインはしっかりと押さえておくべきです。これは私たちの最低限の責務だと思います。

今一度バイタルサインを考え直してみましょう!



はっきり言って膨大な量ですので悪しからず!この量だけでも980円というこのnoteがお買い得かわかるかと思います。ぜひとも有料部分の文字数を見てみてくださいね ^^

ちなみにこのnoteを書くために読んだ参考書の総額は2万円ほどします^^;



−目次−
<体温>
Ⅰ体温とは
Ⅱ体温の調節
 ・セットポイントより体温が高い場合
 ・セットポイントより体温が低い場合
Ⅲ体温の日内変動
Ⅳ体温の異常
 ・高体温
  発熱とは
  発熱期・極期・解熱期
 ・発熱の原因
  化学的刺激・物理的刺激・精神的刺激
 ・発熱の分類
 ・発熱時のケア
  適切な冷却法、身体への影響、随伴症状の軽減
2)うつ熱
・熱中症の分類と症状
・高齢者が熱中症になりやすい理由
・熱中症のケア
3)低体温
・低体温の症状
・低体温のケア
受動的体表加温法・能動的体表加温法・深部加温法
4)慢性的低体温と免疫
・体温と白血球
・体温とミトコンドリア

〈呼吸〉
I呼吸とは
1)気道
2)換気
吸気・呼気
3)血液の酸素化
・肺胞気の酸素
・肺胞から血液への酸素の移行
・血液中の酸素の運搬
・肺胞換気量と動脈血二酸化炭素分圧の関係
II呼吸の調節
1)呼吸中枢の調節
2)呼吸中枢の化学感受性領域
3)末梢性化学受容器
4)その他、呼吸の調節に影響を与える因子
Ⅲ呼吸の観察
1)視診
2)触診
3)聴診
4)パルスオキシメトリー
Ⅳ呼吸の異常とアセスメント
1)呼吸不全
I型呼吸不全・II型呼吸不全
2)呼吸困難感
3)呼吸回数の異常
4)呼吸パターンの異常

〈脈拍〉
I脈拍とは
1)脈拍の触診
2)脈拍による血圧の推定
3)脈拍の異常
・脈拍数
・脈のリズム
・脈の性状
・左右差・上下肢差
・脈波とは

〈血圧〉
I血圧とは
1)脈圧とは
2)平均血圧
3)血圧を期待する因子と組織血流量の関係
II血圧の調節因子
1)血圧の調節
・心拍出量に関与する因子
・末梢血管抵抗に関与する因子
2)血圧を変動させる生活・環境因子
Ⅲ血圧異常時のアセスメントとケア
1)血圧の正常値
2)24時間自由行動下血圧測定
3)高血圧
・高血圧のリスク
白衣高血圧
仮面高血圧(早朝高血圧、夜間高血圧、中間高血圧、血圧日内変動異常)
4)血圧上昇や随伴症状のアセスメントとケア
・血圧上昇や随伴症状出現時のケア
・生活習慣・セルフケア能力のアセスメントとケア
・セルフケア能力のケア
5)低血圧
・低血圧の分類
本態性低血圧、二次生低血圧、起立性低血圧
6)低血圧患者のアセスメントとケア
7)血圧の左右差、上下差






  

この続きをみるには

この続き:35,400文字/画像19枚

医療系の大前提~バイタルサインを見直そう!

あんどぅnote

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートはいりません!!それでも少し…という方がいらっしゃれば、シェアという無料でできるサポートをお願いいたします^ ^

ありがとうございます!サポートしてくれるともっと嬉しいです(笑)
24

あんどぅnote

PT

2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。