CL千葉 思考の言語化

 エクストラレギュレーションに関する記事。環境はフルメタルウォールまで。
 主要デッキの長所短所を整理するためのメモ書きみたいなもの。

マッシブーン+ダストダス
 
非GX主体のデッキ。ディアンシーやストロングエネルギーでそこそこの打点を出せるHP130(かなり高い)のマッシブーンと相手が回れば回るほど打点が伸びるダストダスの組み合わせ。

長所
・非GXしかいないのでサイドを一枚ずつしかとられない。
・闘マッシブーンがゾロアークやゲコゾロに強い。
・ダストダスによって相手の動きを抑制する。
短所
・闘弱点でないTAGチームの突破が厳しい。
・ダストダスの打点が相手依存でゲームプランを立てにくい。


ゲッコウガ&ゾロアーク
 
場に大量の悪エネルギーを用意して高い打点を繰り出すデッキ。

長所
・打点が自由自在。TAGチームも一撃で葬れる。
・種ポケモン主体で基本事故らない。
短所
・マッシブーンやエビワラー、ルガルガンなど闘が環境に多い。
・圧倒的Tier1なので対策されすぎている。


ロンゾロ
 
特性取引のゾロアークGXを主体にするデッキ。

長所
・1ターンにできることが多い。
・高打点がでる。
・マチスの作戦を上手に使える。
短所
・ウソッキーで大幅にパワーダウン
・できることが多いので最良の選択肢を取るのが難しい。
・疲れる。


ルガゾロ
 
上記のゾロアークに加えてルガルガンGXを採用したデッキ。

長所
・闘弱点を突ける。
・ロンゾロよりちょいマッシブーンに強い。
短所
・さらに選択肢が増えて難しい。
・だいたいロンゾロと同じ弱点を持つ。


サーナイト&ニンフィア
 
フェアリータイプの陰キャデッキ。

長所
・耐久力が高い
・チャームがある。
・フレフワン、アブリボン、ガーデンなど取り巻きの性能が高い。
短所
・ゲコゾロにボコられる。
・火力が出ない。


ピカチュウ&ゼクロム
 
スクランブルスイッチとフラッシュエネルギーとピーピーマックスによりさらに怪物になったデッキ。

長所
・エレキパワーで打点が自由自在。
・タッグボルトGXがスクランブルスイッチで決まりやすい。
・フラッシュエネルギーで弱点消滅。
短所
・結局闘弱点。
・HPがTAGチームにしては物足りない。


ルカリオ&メルメタルはサーナイトやマッシブーンには強いが、TAGチームに弱く、そもそも本体の性能が微妙というところでなしより。フェローチェ&マッシブーンは未知数。GX技はとんでもなく高い性能を誇るが、そのためにダメージを調整しようとするとかなり使いこなすのが難しい。そこまで使用者はいないと思っているので私の頭の中にはない。


結論
 
結論としては以下のような相性と考えている。

 高火力ではあるものの闘弱点かつ、デッキにグッズが多くなりがちなゲコゾロ、ピカゼクはマッシダストには苦戦を強いられるだろう。そのマッシダストは高い耐久力で勝負してくるサナニンフには勝ちきれない。だがサナニンフもゲコゾロやピカゼクのパワーの前では屈服してしまうだろう。つまり完全3すくみ状態。ゾロアークはその中では少し外れた位置にいる。
 ゾロアークは一見すると、打点がTAGチームに届かないうえ、マッシブーンにも弱点を突かれてしまうのであまり立ち位置が良くないように思えてしまうが、持ち前の器用さであらゆる局面をひっくり返すことができる。1月のシティリーグで見受けられたマチスの作戦やデカグースGXなどを相手の動きに綺麗に合わせることができれば勝利を収められるだろう。
 ゾロアークデッキは特性で手札を増やせるのが強いが、逆に言うとそれゆえ100点のプレイを出すことが非常に難しいデッキである。なのでこのデッキで参戦する人はあまり多くないと思われるが、警戒を緩めるわけにはいかない。(そもそもエクストラレギュレーションにくる奴なんて玄人しかいないので下手なゾロアークは絶対いない。)

 整理していると「あれ?ゾロアークめちゃくちゃ強くね?」と感じてきたので自分のデッキ選択に不安が出てきた。たまには自分の思考を書き出して整理してみるのもいいなと思ったり。

 CL終わったらまた記事書きます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

ピュア

ポケモンカードプレイヤーです。シャドウバースもやります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。