今週のパトロール出走馬2/4版

東京5レース
2番アモーレミオ
前走は直線入り口でやや不利を受け追い出しが遅れてしまう。それでも最後は伸びてきて3着を確保。東京競馬場は新馬戦で走っているが出遅れてしまいスローペースの中で最後方追走で前が止まらずに着外に敗れているがここは巻き返してくれるはず。
東京12レース
9番ペルソナリテ
チェックしたのはだいぶ前で6走前の古町特別。このときは直線でかなりの不利があり着外に。次走で人気が落ちたところの複勝を取らせてもらったのはいい思いで。直線広いコースの1400~1600mでスローペースというのがこの馬に取ってベストな条件だと思っているので今回はこれといった逃げ馬不在でスローペースになりそう。来る条件は整っている。
京都5レース
7番ウスベニノキミ
チェックしたのは3走前でこの時は直線進路がなくなりほとんど追えずに着外だった。前走は終始外を回る展開で内で上手く立ち回った馬を差しきれずに4着だった。今回の鞍上変更で人気してしまいそうなのは少し嫌だが上手く立ち回ってくれれば勝ちまであると思う。
京都6レース
9番ハートフルタイム
前走はゲートが開く直前に立ち上がってしまい大きく出遅れてしまう。道中は当然後方からで4コーナー捲るように大外から回ってきて直線でも一瞬伸びそうだったが最後は失速してしまう。今回連闘となるが前走は不完全燃焼で最後はほとんど追っていなかったのでダメージがないと信じて。

東京新聞杯

今日はパトロール馬が4頭と少ないため、たまには重賞予想でもしてみます。

きさらぎ賞のほうは小頭数ですが1勝馬が多く考えがまとまらなかったため東京新聞杯を予想します。


まずは展開予想ですがここ数年スローペースになることが多く、去年はそれこそ歴史的超ドスローと言えるほどのレースでした。今年はというと逃げそうなのがトウショウピストくらいで強力な先行馬もいないので去年ほど極端にはならないが例に漏れずスローペースになりそう。

馬場はというと当日になってみないとわからない部分もありますが土曜日の時点では内の前残り傾向だったと思います。ただし今回はスローで馬群がほぼ一団で前から後ろまでの差はなく直線での末脚比べになると思うので単純な前残りとはならないと予想しております。


ってなわけで出走馬の評価は


◎グレーターロンドン

このメンバーでスローからの末脚比べならこの馬が1番。


○サトノアレス

前走もスローと言えばスローだったがやはり得意な形は朝日杯の様な瞬発力勝負のギアチェンジ戦。今回はそうなりそうなので対抗評価!


▲アドマイヤリード

ヴィクトアマイルが再現性がありそう。ただその時と違うのは馬場と鞍上。ヴィクトアマイルの日は内が死んでいてこの馬が通った所がギリギリ伸びる場所だった。今回は内からうまく立ち回れればといったところ。


△2.7.10.15

この辺りは抑え。


リスグラシューに関してはスローからのレースは2歳時にアルテミスSを勝っているが本質はハイペースの消耗戦でこその馬だと思っているのでこの人気なら思いきって消し。


買うとしたら◎1頭軸の三連複を買いたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ばびんか

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。