宮崎県サッカーの現状

本日5/13 天皇杯予選 宮崎県決勝が行われた。

テゲバジャーロ宮崎 vs ホンダロックSC

現時点の宮崎最強サッカーチーム決定戦だ。


Jリーグで例えれば、神奈川ダービー
横浜F・マリノス vs 川崎フロンターレ だ。

観客は3万人以上集まるのだろうか。

お互いの順位が良ければ4万人は入るだろう。


結果は3vs1でテゲバジャーロ宮崎が勝利し、天皇杯本戦 初出場を決めた。

宮崎最強決定戦 宮崎ダービーでは何人の集客があったか。



290人

天候も会場も、懸念する余地はあるが、
宮崎のサッカーで最も注目すべき
試合の観客動員数が290人。

これが現実だ。

この悪天候の中、お越しいただいた皆様には感謝の限りを尽くしたい。

ピッチに立っている選手は11人+11人で合計22人だ。

つまり、選手1人が30人集めることができれば

合計660人集まる。

しかし、現時点では選手1人あたり30人も呼べていない。

もちろんサッカーには、
相乗効果みたいなものもあり、
選手1人の価値、チームの価値だけの

足し算では集客数は計れない。

価値とはなんなのかと考えると、多種多様の考え方があると思うが、

価値とは人が求める数 である。


1つのお菓子にしてもそれを求める人がいるから、お菓子の価値が決まる。

これは、武井壮さんの言葉でもあり、僕の考え方でもある。

この考え方をベースにすると

宮崎でサッカーするにあたって


僕ら選手の価値とは、


それくらいということだ。


この問題はとても深刻だ。

宮崎 高校選手権の決勝 の方がもっと入るだろう。
高校生の試合よりも、注目度は低い。


もちろん集客が全てではないし、
テレビの前で気にかけていてくれた人もいると思う。

しかし、選手の僕らはこの問題にどう関わっていくか。

宮崎県のサッカー関係者達が、これをどう捉えているのか。

もう少し真剣に考える必要があるような気がした。

テゲバジャーロがJリーグに上がれば自然と集客も増えるだろう。

しかし、果たしてこのままで、宮崎県民は僕らに興味を持ち、共に喜びを分かち合うサポーターになってもらえるのだろうか。。。

テゲバジャーロ宮崎だけではなく、

宮崎全体でサッカー熱を盛り上げていく
仕掛けの必要がありそうだ。。。

宮崎サッカーの発展の旅はつづく。。。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

19

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。