自宅を勤務地にしたい

在宅勤務の方が、集中して仕事できるのではないか思うことが多々ある。

1日の初めにはまず出社しないといけない。
これがもうリスクだ。
徒歩通勤にしても、自転車通勤にしても、車通勤にしても、必ず時間と事故のリスクがある。通勤時間を有意義に活用すればいいという意見もあると思うが、気が散る環境よりも、自宅の方が確実に落ち着いて集中できる。
なにより、自宅勤務には通勤時間という概念がない。「仕事しよう」と思った時間が勤務開始時間だ。まったく無駄がない。

出勤した後、事務所で仕事をしていると、必ず誰かの雑用を手伝う羽目になる。その場ですぐ実行に移す移さないに限らず、話しかけられることで集中力は途切れる。一度途切れた集中はなかなか戻らない。
その点、自宅勤務はリアルタイムで雑務が舞い込んでくることがない。自宅にいるので、すぐさま手伝えるはずがないからである。チャットやメールは飛んでくるが、自分でそれらをチェックする時間を管理すればいいだけだ。

昼食の時間も自宅勤務は優れている。
出社勤務は外食・コンビニ飯、しゃしょく、自作弁当のうちのどれかだろう。
外食・コンビニ飯はとにかく金がかかる。栄養バランスを整えようと思うと、さらに価格はあがる。そして社外に出ないといけない。時間と金がかかる最悪の選択だ。
社食は社員で混雑しており、食事というよりは給餌の空間という感じ。賑やかだし、非常にストレスフルな空間だ。
自作弁当は価格、栄養バランスの面で融通が利きやすいが、いかんせん手間がかかる。そのうえ、オフィスで食べるなら匂いに気を使いながら食べることになり、社食で食べようものなら前述したストレスフルな環境に巻き込まれる。
その点自宅は、食材や各種調理器具も揃っており、食べる環境としてもベストだ。自宅に勝る食事スペースは無い。

帰宅の際は出勤時と同様に、自宅なら0秒で帰宅できる。恐ろしく無駄がない。

ネット環境の整っている現代において、なぜここまで自宅勤務が普及しないのか疑問だ。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

毎日をより楽に、楽しくするために研究しています。 サポートよろしくお願いいたします。 290円で丸亀のぶっかけうどんを食べます。

嬉しいです!これからも頑張ります!
9

生活のヒント─日々のライフハック。

楽器メーカーで図面を描いている27歳、UKと申します。理学修士。明日の自分に伝えたいこと、昨日のうちに知っておきたかったことを書いています。非定住することが夢です。最近の主食はBADEBREAD。めんどくさいことが苦手なので、日々を徹底的に合理化していきます。コメント歓迎。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。