【NWAが生まれるまで:日系レコード店と西海岸ヒップホップの黎明期】

 スパイク・リーが描いたマルコム・Xの暗殺場面を思い出してみよう。
 それは一つのアフリカ県人会だった。凶弾に倒れたマルコム(デンゼル・ワシントン)を見て泣き崩れる妻(アンジェラ・バセット)をはじめ、出てくる人は黒人ばかり。
 だが、それは歴史的事実と食い違う。実際には、暗殺現場でマルコムを看取った人々の中にユリ・コチヤマがいた。マルコムを師と仰ぐ日系アメリカ人、偉大な人権活動家だ(2014年6月死去)。でも、「スパイク・リーが描きたいところのマルコム・Xの死」にとって、彼女は不要な、あるいは邪魔な存在だったのだろう。

 では、F・ゲイリー・グレイが監督するNWAの伝記映画はどうだろう? きたる8月14日に全米公開となる『Straight Outta Compton』である。
 同作は、NWAの核となった二人——Dr.ドレーとイージー・E——を結びつけた、知られざる重要人物を正しく描くだろうか? それとも切り捨てるだろうか?


 スティーヴことスティーヴン・グレゴリー・ヤノという男がいた。名前からわかるとおりの日系アメリカ人だ。

この続きをみるには

この続き:3,185文字/画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

【NWAが生まれるまで:日系レコード店と西海岸ヒップホップの黎明期】

丸屋九兵衛(QB Maruya)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

25

アフロの決死圏

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。