つまみ食いが捗る手巻き寿司

大阪住まいです。黒々とした恵方巻が鬼の金棒のようにスーパーの総菜コーナーに並んでます。

今年は2月3日は土曜日と分かっていたので、手巻き寿司にすると決めていました。

炊きあがったご飯を寿司酢と合わせて、うちわであおぎながら切るように混ぜます。お酢のむわっとした匂いが鼻に刺激をあたえますが、いい匂いです。酢を入れた時のご飯の様子はしゃばしゃばなのに、混ぜていくうちになじんで、ツヤツヤピカピカの寿司飯が完成です。ついつい、食べてしまう。味見が捗る。寿司桶の側についたごはんをちょっとだけ、拝借してちょっとだけ食べます。うーん足りないなあ・・・もうちょっとだけ・・・寿司酢を追加。しゃばしゃばからつやつやに変化して、ちょっとだけ味見。もぐもぐ。美味しい!

玉子焼きの卵はいつもより丁寧に慎重に焼いて、好きな具材だけを用意。

まぐろ、サーモン、いか、はまち、いくら、辛子明太子、生ハム、きゅうり、キムチ、アボカド、納豆。

巻きやすいようにと、考えながら具材を切っていきます。ちょっと切れ端なんかを味見、と称してつまみ食いをします。これは作っている人の特権ですね。そんな所に小さな幸せを感じます。

そして適当にお皿に並べて完成です。写真映えを気にするような、気にしないような、そんな並べ方。


手巻き寿司は、大勢であればある程、美味しくなる食べ物はないと思います。

一人だと味気がないし、レストランなんかでも家庭でするような手巻き寿司のフルコースを提供しているところはないですしね。(あったら面白いですね、バイキング形式とかで・・・鮮度の問題があるけど)


具材が結構余るのですが、次の日海鮮丼にするのが楽しみです。これも作り手の私が食べます。特権ですね。

ウチはこんな変わった具材を用意するよ!とかあったら、お気軽にコメント欄から教えてください。知りたいです・・・(笑)

では、ここまで読んで頂いてありがとうございました。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

19

masami

ビールとナッツをバケツにいっぱい

食べ物についての雑記やエッセイ。 子供の頃の事。 大人になってからの事。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。