小さな達成感を積み重ねて

小さな達成感を積み重ねて、一日一日を生きていると思う。

昨日書いた記事の中で

何をやっても「達成感」がない、と書いた。

書いた後に、改めて思った。どんな小さなことにも「達成感」はあるんだな〜と。

本当に当たり前すぎてくだらない事かもしれないけど、歯をキレイに磨いた!とか、トイレいった!とか手をキレイに洗った!とか。そんな日常生活の当たり前すぎる些細な事にも達成感がある。

デキゴトの終わり=達成感に置き換えると暮らしがちょっと楽しくなるかもしれない、と思った。


もし歯をキレイに磨けなくて、トイレで用を足してもなんだか気持ち悪くて、手は中途半端にしか洗えなくて・・・だとなんだか気持ち悪いし、いわゆる達成感とはかけ離れていると思う。

朝からの達成感の積み重ねで、大体は満足して布団に入れたら幸せじゃなかろうか。もし上手くいかなかった仕事や人間関係のなんちゃらがあれば、私の中で次の日の宿題になる。宿題は嫌いだけど・・・


お弁当作った、お茶碗を洗った、洗濯もの干した!いつもの事が今日はなんだか上手くいった!と自画自賛して達成感を味わって、満足して次のタスクに向かう。言うまでもない当たり前の事だけど、毎日の忙しい流れでルーティン化している家事や仕事を楽しむためには些細な事でも楽しみや喜びにできたらいいと思っている。

少し前までは色んな家事がめんどくさいなあ、とか、いかに楽に家事をするか、とかとか考えていた。「お母さんは頑張りすぎている、家事を楽しよう、自分の時間を楽しもう」という言葉にも「おーそうだそうだ‼家事に育児に仕事に朝から晩まで動いてるんだから少しぐらい楽したっていい」と思っていた。まあその考えは変わらないし、もっともっとその考えが広まって頑張りすぎているお母さんたちを楽にしてほしいと思っている。でも家事や仕事や育児をやらないわけにはいかない。やることが当たり前で報酬も何もないのなら自分で自分をほめたたえて、達成感を味わっていいじゃない。それを意識するとちょっとだけ楽しくなるかもしれないと思った。

たぶん自然とみんなやっていて、それも流れの一つになっているんだろうけど、あえて言ってみた。ごく当たり前の事を当たり前のように書くのは別にかっこ悪い事でも悪い事でもない、という事に最近気づいたから。

トップの写真は黄色い小物があったのであつめてみて写真を撮ってみた。ちょっとした達成感をこういう所で味わっています。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

24

masami

ビールとナッツをバケツにいっぱい

食べ物についての雑記やエッセイ。 子供の頃の事。 大人になってからの事。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。