見出し画像

英語育児ガチ勢なら読んでおきたい本のこと。

こんちには、故郷(ふるさと)です。

何とnoteでAmazonやその他のお買い物サイトの商品がキレイに表示されるようになったそうです!故郷は英語絵本の紹介などをnoteを使って書かせて頂いているので、これは嬉しいアップデートとなりました。

今回はそのアップデートを記念して、英語育児の勉強になる書籍を何冊か紹介したいと思います。故郷はこういった書籍を妊娠中から読み込んで、英語育児の戦略をよく練ったものです。もちろん今でもポイントポイントで読み返しては参考にしております。

ちなみにすべてアフィリエイトとなっております。ご了承くださいませ。

ヒロシ、君に英語とスペイン語をあげるよ

ある日本人の大学教授夫婦が、日本でひとり息子の洋君を英語、スペイン語、日本語の三か国語話者に育て上げた話です。

さすが大学教授夫婦が著しただけあって、多言語話者に対する理論的な説明はしっかりしているのですが、私が思うこの本の魅力は実際に洋君を育てるにあたってああしたとかこうしたとかそういう実践的な部分です。

また子育ての思い出、幼児時代の洋君への郷愁のこもったような部分もあり故郷は大好きです。特にお母様である光世さんのパートがすごく共感できる内容です。

巻末には洋君自身へのインタビュー(それも英語とスペイン語を使って行われた)もあり、洋君自身がこの育てられ方をどう思っていたのかなども知ることができます。

北村夫妻については以前にもnoteで取り上げさせて頂きましたが、故郷と旦那が英語子育てをする上で、指針とさせて頂いている方々です。いつかお会いできたら、何て思ってしまう程です。

バイリンガルを育てる―0歳からの英語教育

こちらも大学教授である湯川笑子さんによる書籍です。湯川さんについてはこのnoteでも何度か取り上げさせて頂いています。湯川さんは、二人の子供さんをバイリンガルに育てあげられたお母様です。

上で紹介した「ヒロシ、君に英語とスペイン語をあげるよ」と同じく、しっかりとした理論的な説明プラスご自身の子育ての記録からなる内容です。ちなみにこの本の中で「ヒロシ、君に…」について言及されている箇所があります。

こちらが上記の二冊とちょっと違うのが、湯川さんの大学院留学に合わせて子供さんたちが海外滞在を経験されているところでしょうか?湯川さんは大胆で豪快というイメージで、子連れで留学に挑戦したり、英語を話すきっかけの為に友人を家に泊めてみて作戦が大成功したりと、読んでいてかなり気持ちのいい気分にさせてくれる物語でもあります。

お子様ふたりは当時の新聞に取り上げられるほどに、まだ小さい頃に英検1級か2級かに受かったとのことでしたが、故郷が面白いと思っていたのは、お子様たちがそれにモチベーションを感じていたということです。英検なんてあまり意味がないと故郷は思っていたのですが、そのように子供自らがモチベーションを感じるのであれば素晴らしいと思いました。

バイリンガル教育の方法

英語育児やバイリンガル教育に関する話題を追っていると、そこそこ頻繁にいわゆる「とんでも」のような情報が入ってきます。ネガティブなもの(”変な”バイリンガルになるとか)もポジティブなもの(すぐ英語を話出します!とか)についても同様です。

故郷はそういう情報を見ると、いつも頼むからこの書籍を読んでから語って欲しい、そういう風に思っています。本書は完全な理論本です。少しだけ著者の息子さんの話が出てきます。確か音楽の指揮者になられたとかだったと思いますが、やはり多言語話者として育ったようです。

カナダのケベック州(モントリオールとかがあるところ)あたりでは、家庭ではほとんどの場合は英語が話されているのですが、いわゆるイマージョン教育といって学校ではどっぷりフランス語に「浸かって」過ごして二言語話者を育てています。

この書籍はその教育から分かったことを背景に、バイリンガル教育の方法論やよくある勘違い(例えば「バイリンガル教育をすると馬鹿になる」みたいな)についてきちんと理論的に、実証れた結果を元に説明をしてくれる良書です。結果、とても分量は多いです。

また本書はバイリンガル環境に至る状況を幅広くカバーしています。どちらかと言うと教育機関向けに書かれている本ですが、故郷のように自宅でマイノリティ言語を育てている、それも親の母国語ではない、みたいなケースも紹介されています。

理論的なところをしっかりと理解したい、という親御さんにはおそらくベストだと思います。この書籍以外にバイリンガル教育の専門書が日本語で存在しているのか、故郷は知りません。ちなみに我が家では故郷よりも旦那がこの書籍を気に入っています。

お金・学歴・海外経験 3ナイ主婦が息子を小6で英検1級に合格させた話

「親である私が英語出来ないんで…」

「うちにはお金ないから…」

「外国に住んでないし…」

英語子育てにはとかくこうしたイメージが付きまといますが、そういう環境に一切なかったスーパーお母さんタエさんと、その息子で完全に国産でバイリンガルに育てられてたキリ君の話です。

もう存在しないみたいですが、タエさんはブログで頻繁に情報発信をされていて、故郷もマルメロが生まれる前後にPCに齧りつきながらタエさんのブログを熱心に読んでいました。

近年ヒットした下剋上受験にちょっとニュアンスが近いかもしれません。親であるタエさん自身は全然英語とかできるわけではないのに、見事な創意工夫で息子のキリ君をバイリンガルに育て上げた、そういう話です。

この書籍には、子供の能力を伸ばす為に必要なものは何か、という問いに対するヒントがたくさん詰まっている気がします。

0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児

かなり有名な書籍だと思いますが、改めて紹介したい「語りかけ育児」の本です。本書の主旨は非常に明快で、「1日に30分でいいからお母さんと赤ちゃんだけの静かな時間を作り、語りかけを行おう」というものです。そうすることで驚くべき言語的なメリットがあることが本書では紹介されております。

この本は英語育児の本ではないのですが、英語育児でも「語りかけ」が重要な役割を持つことが多く、非常に参考になる書籍です。

月齢・年齢べつのアドバイスで構成されていて便利なので、お子さんが何歳であってもそれに合わせて必要な情報を探し出せます。

個人的に嬉しかったのが月齢・年齢別におすすめの絵本が紹介されていることで、このリストから結構な数の絵本を買ってしまいました(故郷は原著でもこの絵本を持っていて、そちらでは英語の絵本が紹介されております。)

私たちはいかにして英語を失うか

こちらも以前に少し取り上げさせて頂いた書籍です。

英語圏から日本に帰国した子供たちのその後を追った研究に基づく書籍です。我が家も一応そうなのですが、英語圏から帰国して英語を保持しようとしているご家庭には、本書の内容はそのまま役に立つと思います。

そういう家庭でなくても、言語の忘却や保持についての一通りの知識はつくと思います。少なくともこれを読んだ後であれば、「帰国子女なら英語が話せて当たり前」とか「親が英語のネイティブスピーカーなら子供が英語出来て当たり前」と思わなくなるのではないかと思います。

同じ理由で「英語育児をすると日本語がおかしくなる」というようなありがちな意見にも反論できるようになるのではないかと思います。米国などでどっぷりと英語に浸かって生活をしていた子供の言語能力でさえ、何もしないと帰国後数ヶ月で(少なくても表面上は)失われてしまうのです。

子供の脳は如何に柔軟性に富んだものであるか、すなわち子供の言語能力とは如何に失われやすいものであるか(そのため新しいものを得やすい)、そういったことを実例を元に学ぶことのできる書籍です。

まとめ

英語育児について勉強する為に役に立ちそうな書籍を紹介しました。

今では各種ブログやTwitterで積極的に有益な情報を紹介されている方も多いので、「どのように実践したか」というような情報はあまり書籍に求めなくてもいいのかもしれません。

しかしやはり理論的な部分については、書籍のように体系的にまとめやすいフォーマットが向いていると思います。何冊かを手元に置いておき、ときどきパラパラと眺めてみるような使い方をするのに適しているかもしれません。

それでは、今回はこの辺で。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Twitterでも英語の絵本を紹介しています!お気軽にフォロー下さいませ~🎵

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

目指せ通算1000スキ!
5

故郷(ふるさと)さん

はじめまして。故郷(ふるさと)と申します。英語が好きな二児の母です。二人の娘(マルメロと月)の英語のことを書こうと思っています。英語教育や英語絵本に興味のある方もそうでない方も、是非フォローさせて下さいませ、して下さいませ。

英語育児てんやわんや

こんにちは、故郷(ふるさと)と申します。二人の娘(マルメロと月)の英語のことを中心に、我が家の育児についての不定期な日記であったり、回想録であったりというマガジンです。英語育児に興味のある方もない方も、お気軽にご購読下さいませ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。