見出し画像

英語育児のモチベーションのこと。

こんにちは、故郷(ふるさと)です。

マルメロがちょうど2歳になったくらいの頃、英語育児に対してすごくモチベーションが落ちた時期がありました。と言ってもその時期の記憶が残っている訳ではないのですが、当時の記録を読むとそう自分が書いていました。

モチベーションが落ちていた理由ははっきりしていて、それはマルメロの英語にこれと言った変化が見られなかったからです。もう2年以上も英語で語りかけていて、日本語の方は随分と出来るようになってきていて、そろそろ英語を話してくれてもいいだろう、とストレスに感じていたようです。

目には見えないけれどマルメロの内部ではどんどん英語の理解は進んでいたことは分かったいたはずです。今までは理解できなかった英語が理解できるようになったりしていましたから。しかし悲しいかな、受動的な能力の進展は中々見え辛く、そして人間は目に見える結果に左右されてしまう生き物です。

その時期をどう乗り越えたかというと、結局「やれることをやり続けるしかない」というマインドで乗り切りました。今まで通り英語で語り掛け、英語の絵本を朝と夜に読み、出来る限り映像コンテンツも英語で一緒に楽しむ、それを続けたまでです。

何か新しい刺激が必要なのかなとか、少し話しかけ方を変えてみたほうがいいのかなとか、そういう色々な想いが色々と頭を駆け巡る中で続けていきましたが、結果としてバカ正直にそれを続けていて正解だったと思います。

今から思うとマルメロは若干日本語の方も成長が遅かったと思いますので、必然的に英語が口から出るのもそこまで早くなかったようです。そういうのは今の年齢になってしまえば誤差に過ぎないのですが、その頃は親が英語を話しているせいで日本語も遅いのかな、とちょっと思い悩んでしまったこともありました。

何かポエムのような内容になってしまいましたが、英語子育てをしているなかでくじけたり、モチベーションが落ちたり、落ち込んだりと色々あると思いますので、そんな方々に読んでヒントにしていただけたら幸いです。大丈夫です。もう少しで光が差します。

それでは、今回はこの辺で。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Twitterでも英語育児についてつぶやいています。お気軽にフォロー下さいませ~🎵

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。とても励みになります。
6

故郷(ふるさと)さん

はじめまして。故郷(ふるさと)と申します。英語が好きな二児の母です。二人の娘(マルメロと月)の英語のことを書こうと思っています。英語教育や英語絵本に興味のある方もそうでない方も、是非フォローさせて下さいませ、して下さいませ。

英語育児てんやわんや

こんにちは、故郷(ふるさと)と申します。二人の娘(マルメロと月)の英語のことを中心に、我が家の育児についての不定期な日記であったり、回想録であったりというマガジンです。英語育児に興味のある方もない方も、お気軽にご購読下さいませ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。