見出し画像

【第12回】Pumpkin Soup

こんにちは、故郷(ふるさと)です。暑すぎる平成最後の夏もようやく終わりが見えてきました。皆様の体力が戻りますように。

古本屋で掘り出し物を探すのが大好きです。日本の古本屋さんでそうするのも好きですが、故郷は英語絵本が大好きなので、やはり海外の古本屋での発掘作業が大好きです。

掘り出し物を探すと言っても安く売っているものを探したい訳ではなく、自分が今まで知らなかったものに出会いたい、という感じです。やはりネットなどで検索をして探すと、どうしても自分の知識の範囲に見つかるものが限定されがちですので。

この「Pumpkin Soup」はまさにそんな感じで出会った絵本です。

一緒に仲良く暮らしているネコ、リス、そしてアヒルの3匹が主人公なのですが、毎晩それぞれの仕事を分担しながら、庭で育てたかぼちゃを使ってパンプキンスープを作っています。このスープがとても美味しそうです。

とても仲の良い3匹なのですが、その仕事の役割分担がきっかけで大喧嘩を繰り広げてしまう、というストーリーです。そしてその喧嘩がきっかけでアヒルが家出をしてしまいます。

中身についてはこれ以上書きませんが、故郷はこういう友情モノのストーリーが結構好きで、この他にも何冊かあります。そしてこの絵本、絵柄がとても好みなのです。こういった温かみのある可愛い絵柄が好きです。

作者のHelen Cooperさんについてはまったく前提知識がなかったのですが、今回調べてみたらロンドン出身の有名な作家さんのようですね。故郷は基本的に絵本のデザインに関してはヨーロッパ系(というか英語なので必然的にイギリスになるのですが)と相性がいいように思います。

Helen Cooperさんはこの作品でケイト・グリーナウェイ賞というイギリスの絵本作家が対象となる賞を受賞しているようです。リンク先に受賞作品のリストがあるので、今度ここからも少し選んでみようかと思います(といってまたお金を使ってしまうという…)

とまあこれがまさに冒頭に書いた古本屋さんの魅力で、こうして見つけた1冊の絵本をきっかけに、素敵な作家さん、イラストレーターさんも見つけることが出来て、自分の世界が広がっていくのを感じることが出来ます。

この絵本を読んでいると結構な確率でお腹が減ってきますので、お読みになられるときは、お手元にパンプキンスープを用意してからどうぞ(笑)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

紹介した本のAmazonへのリンクです(アフィリエイトです)。

英語版
日本語版

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Twitterでも絵本を紹介しています。お気軽にフォロー下さいませ~🎵

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキして頂いたからにはフォローさせて頂きますね♥
3

故郷(ふるさと)さん

はじめまして。故郷(ふるさと)と申します。英語が好きな二児の母です。二人の娘(マルメロと月)の英語のことを書こうと思っています。英語教育や英語絵本に興味のある方もそうでない方も、是非フォローさせて下さいませ、して下さいませ。

我が家の英語絵本

我が家で実際に購入し、マルメロと月に読み聞かせをしている英語絵本を紹介します📕 英語絵本や英語教育に興味のある方、絵本の好きな方、育児をされている方に楽しんで頂ける内容にしたいと思います。 ゆる〜く不定期の配信を予定しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。