「だいじなこと」セルフライナーノーツ

人気漫画のTVアニメ化に際して、主題歌を90秒尺で書いてくださいと依頼が来たので、原作漫画を読了してすぐに書きました。「ふたつの世界」などとは異なり、ロングサイズは作らずに90秒に全てを詰め込みました。短いのに濃厚。

注文の多い仕事、としての作曲は実は苦手ではありません。何故なら、ここでいう注文とは「具体的なアイデア」であり、クライアントの意図さえしっかり読み取れば、あとはそこに自分なりに応えることで、音楽自身も自然に成り立つように出来上がることが多いからです。90秒尺、と決まっていれば全体の構成も作りやすい。

メロディーと歌詞は、移動中の新幹線の喫煙室でふと思い浮かび、小声でスマホに録音しました。

表題が少女漫画原作だったので、曲想に対して、同じくアニメの主題歌だった「ふたつの世界」風のアレンジに寄せました。ざっくりしたリフやコードと言うよりは、メロディーに対してベースやピアノの動きを対位法的(なんちゃってですが)に置いていきました。くるりの楽曲制作ではあまり使うことのない音色…コンプレッションでがっつり歪んだベースが楽曲の肝です。

先述の「ふたつの世界」と異なるのは、原作漫画、並びにアニメの世界観がより「コアなアニメファン向け」であることでした。

私自身はコアなアニメファンではないので、いわゆる「アニヲタ」的世界観づくりは得意分野ではありません。そのぶん、全体のストーリーや世界観に寄せた楽曲の構成、主人公ならびにヒロインの「知られざる気持ち」の部分に留意して歌詞を書きました。物語終了直前の「大人になった彼ら」の描かれていない過程を想像しながら、主人公になりきって歌いました。

歌詞でいうところのコンセプト、としては「太陽のブルース」、そして「ふたつの世界」の続編とも言えます。「忘れてしまいそう」な「だいじなこと」について。そして、決して交わることのない他者の気持ちを、どのように思い遣ることが大切なのか、という中々に難しいテーマではあります。

サウンド面では「ふたつの世界」や「かんがえのあるカンガルー」などと同様に、ホーンセクションが楽曲の世界に彩りを添えています。近年は様々な楽器アレンジを細かくやることが多いですが、この楽曲もそのタイプです。

録音は、京都のスタジオ、SIMPOにてデモ作りとヴォーカル、同じくファーストコールにてバックグラウンドヴォーカルとギター類、東京のgreenbirdにてドラム(石若駿)、5弦ベース(佐藤さん)、ピアノ(野崎泰弘)、東京のアバコスタジオにてホーンセクション(ファンファン含む大勢)を録音しました。ブラスアレンジは私が作ったものを基に三浦秀秋くんが手掛けてくれました。

ミックスはウィーンのDiezが仕上げてくれました。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

114

others

コメント4件

「ふたつの世界」も「だいじなこと」も大好きです。胸キュンキュンですよ。「だいじなこと」はあの長さ(短さ)なのですね。二番も聴きたかったです😋「色づき始めた手のひらのような薄紅色の恋心」のところがたまらないです🍁
「だいじなこと」は「3D彼女 リアルガール」と、どちらが先なんだろうと思うくらいに、ピッタリ合ってます。一番最初に聴いたとき、ポワーンといい気持ちになりました。それから3D彼女を観て、漫画をまた読みたいなと思いました。「ふたつの世界」は君が嫌いから始まるところが、どうも苦手で、反対だったらよかったなーって。いつも思います。でも最近はそこは極力飛ばして、無になって聴いています。笑笑😊カッコイイ大人になったら、ちゃんと聴けると思います。
最初に聴いたときに「つっつん」(主人公)やぁとぽわんと思いました。強くて、不器用で人のことを思い遣るやさしさを感じる歌詞と歌声ですよね。
楽曲もふくめて、この曲の世界観だいすきです。
90秒という長さもぎゅっと凝縮されたスープのようで、美味しさと愛おしさいっぱいですね。
岸田さん、3日遅れですが、お誕生日おめでとうございます☆
いくつになっても少年の心を忘れない感じの岸田さんでいてほしいと思います。
いつも応援してます!
楽しい1年になるといいですね☆
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。