FFの夜ふかし日記 2017/9/28

音博のこと!

2年ぶりと書けばいいのか3年ぶりと書けばいいのか。2年まえは臨月で会場には来れず、昨年はお客さん。今年は久しぶりにステージに立った年となった。

とにかく気が気ではなかった。今年の夏からライブ復帰して、いくつかのフェスで演奏する機会はあったものの、ライブというものに未だ緊張しまくる自分がいる。小学校の頃の、ピアノの発表会みたい。年に1回しかなくて、場に慣れることもなく、練習のときは上手くできたのに!みたいな。
悔しいかなトランペットという楽器は、心と身体の動きにとりわけ左右されやすい(と思っている)。もちろんそれがいちばんの良さでもある。

くるりと音博は、とても密接に関わっている。毎年、時間をかけていろんな準備をして、当日を迎えてる。(徳澤)青弦さんは「くるりにとって年末感があるね」と。なるほどそうかも。
くるりにとって特別なものは、やっぱり自分にとっても特別だと、今年ようやくそんなことを思うようになった。
日が近付く毎に、焦る気持ちと実感のなさが交差する。今年もやっぱり当日までよくわかんない感じだった!ただドギマギしているのみ。終わって数日経った今やっと、実感し始めた。遅いよね。

本番、案の定足が震えて、靴も脱いだ。そんな自分も変わってねーなと思う。
むかしむかし、everybody feels the sameのレコーディングでは、ペットの録音に非常に苦しんだ。(わたしにとっては)ハイトーンもあり上手く吹けず、時間もかかった。やっとこさで終わった後、岸田さんが「ファンファンがんばったから、おれもがんばってくる」と言って最後の歌入れをしにブースに向かって行ったこと。
そして、わたしが下手くそで落ち込んでたとき、佐藤さんが「自分たちの曲を誰よりもかっこよく演奏できてたらそれで大丈夫!」と言ってくれたこと。
(言い回しは違うかもしれんがこのようなことを言ってくれた。ふたりともこれ見てギャーてなってたらごめんなさい!)
本番まえステージにひるみそうになるときや演奏中難しいところを吹くとき、このふたりの言葉をよく引っ張り出してる。
他にもたくさんの思い出があって、これらが何度演奏の源のひとつになっただろうか。

ライブでは情熱と冷静さを半々にすべきだ!と誰かが言っていたけど、自分はそんなこと到底できてないと思うけど、緊張の中にも、くるりで過ごしてきて自信になったものが少なからずあって、それが合わさって楽しさになっていると思う。
同時に一緒に奏でるひとの音が伝わって、自分の音にも影響して、心のハーモニーになってる。
更に音博は、バトンタッチ感がある。ずっとステージが温かい。駅伝みたい。いい音、いい歌声ばかりが連なって、とてもよかった。
いい日だった。

まとまらない個人的な感想だけどこんな感じ。いつも結局いっぱいいっぱい。練習!

くるりとして、また音博に出ることができて、嬉しかった!

たくさんのひとのおかげで、今年のこの日を過ごすことができました。みんなみーんな、ありがとう♡♡♡♡♡

音博フィル!

ニカさん・トミ!

Flちかちゃん・Trpかおりちゃん!後ろはDhiraちゃんの友だち!

Dr.kyOnさん・ジョニーさん!

そして新曲!How Can I Do?も聴いてね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

105

FFの夜ふかし日記

1つのマガジンに含まれています

コメント12件

すごくいい日記でじーんと感動して目頭が熱くなっちゃいました。
復帰待ってました★はやくステージのファンちゃんに会いたいでーす\(^o^)/
ふぁんちゃんの緊張と楽しさが入り混じった感情がよくわかる日記。音博復帰、おかえりなさいです☺︎
ふぁんちゃんだいすき♡次のLIVEでの演奏もたのしみにしております。
ファンちゃんがいるくるりは、私にとって今年のMONSTER baSHが初めてでした。(音博には行けなかった😭)トランペットはもちろん、岸田さんと目をあわせながら上海蟹を歌う姿を見た時など、存在感の大きさをすごく感じました。岸田さんと佐藤さんの言葉がファンちゃんをずっと支えてきたのかと思うととても胸が熱くなり、復帰を待ち続けてよかったと心から思いました。くるりは本当にいいバンドですね!息子さんまだ小さいので申し訳ないなぁ…と思いつつも、早春のツアー、楽しみにしています☺️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。