スクリーンショット_2017-12-05_14.57.53

分人主義とペルソナと、「私の中のあなた」について。

私は「ターゲット」という言葉にずっと違和感をもっているのですが、それは人の中にある多様性を無視した言葉のように感じるからです。

そしてその違和感は、平野啓一郎が「私とは何か」の中で提唱した「分人主義」という考え方を知ったことで、自分の中で明確に言語化できるようになりました。

「分人主義」とは、端的にいえば人は自分の中に複数の顔をもっているという考え方です。

会社にいる自分、家族といる自分、恋人といる自分…。

それぞれ同じ「自分」でも、相手が変われば自分のキャラクターも少しずつ変わる。

程度の差こそあれ、この感覚は誰もがもっているものではないでしょうか。

以前書いた「【図解】赤文字・青文字はもう古い。細分化される私たちの新しい『カラー』」という記事の中でも、一番言いたかったのは

すべての女子はカテゴリにかっちりはまるのではなく、あらゆるクラスタを行き来している

ということです。

上記の記事を書いてから、友人に「私はどこかな?」とよく聞かれましたが、私は常に「このカラーをベースにしつつ、インテリアを選ぶときはこのカラーだし、遊びにいくときはこのカラーも入ってるよね」とその人のバランスを説明するようにしていました。

誰もがどこかに「当てはまる」のではなく、「その人の中の割合」で見る方が、より実感値に近いような気がするのです。

こうした考え方は、分人主義について理解したからこそ自分の中で腹落ちした感覚でした。

では、ターゲットを考えるのは意味がないのか?というと、むしろ分人主義をベースにしているからこそ、しっかりペルソナを確立することが重要なのだと思っています。

ペルソナといえば、Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」という架空の女性が有名です。

Soup Stock Tokyoに足を運ぶ「秋野つゆ」は、どんな生活を送っていて、何が好きで、彼女に似合う場所とはどんな空間なのか。

理想の顧客イメージをしっかりと固め、そこから逆算して商品や空間を決めていく手法は、もはや当たり前のものになりつつあります。

しかし、その際に気をつけなければならないのは、前述の通り「当てはまる」人にフォーカスしてはいけないということです。

ペルソナを決めるときは、自分たちがアプローチしたい「」ではなく「気分」にフォーカスする。それが、市場を見誤らないコツだと思うのです。

例えば、VERY妻だってキナリノや北欧暮らしの道具店を見ているだろうし、MERY大好きな大学生もCLASSY.やOggiへ憧れをもつものだと思います。

だからこそ、自分たちのターゲットはここだ!と狭めてしまわず、それぞれのクラスタの中にすでにある、自分たちがイメージしたペルソナを刺激することが重要なのです。

よくネットで「俺の中の○○がこう言っている」という表現を見かけますが、1人1人の中に様々な人格や何かをいいと思うセンサーがあって、そこにアプローチすることこそが、本当のペルソナマーケティングの意味なのだと思います。

つまり、ペルソナを作るとは、相手の中にいるキャラクターを引き出すということである。

そんなことを考えながら、今日も粛々といろんな企画を考えています。

***

(Photo by ikepon

ラブグラフの応援も込めて、表紙写真にラブグラファーさんの写真を使用させていただくことになりました!写真使ってもいいよーという方はご連絡ください:)

★noteの記事にする前のネタを、Twitterでつぶやいたりしています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後のnoteに生かすための経験や他のクリエイターさんたちへのサポートに回していきます!note内で優しい循環を回していきたい。

大吉!今日はとっても素敵な1日になるはず!
99

最所あさみ

Retail Futurist / curator。「知性ある消費を作る」をミッションに掲げています。 将来は世界一の店舗メディアを作る予定。noteの有料マガジン「余談的小売文化論」とコミュニティマガジン「消費文化総研」もよろしくどうぞ!

現場からは以上です。2nd

「現場からは以上です。」マガジン内のnoteが100を超えたので、2ndマガジンを作りました。 「地域の魅力とITの力で小売はもっと面白くなる!」をモットーに働く中で感じたこと、考えたことを書き連ねていきます。 (photo by tomoko morishige)
2つ のマガジンに含まれています

コメント2件

[当てはまる]ではなく[その人の中の割合]で見るというのにすごく納得させられました!
SNSも個人でつながるTwitter/Facebookから分人でつながるInstagram/Piterest/Tumblrへ主役交代していきそうです。#でゆるくつながるSNSは心地よい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。