【私のおでかけ帖】ハイヒールが似合う街・表参道。(2017.5)

実際に行くかどうかはさておき、毎週末に私が行きたいなと思うおでかけプランを勝手に発表するシリーズです。

***

女たるもの、普段はスニーカーで駆け回っていても、たまにはハイヒールを履いて街に繰り出したいと思うものです。

そこで今回は、ハイヒールが似合う街の筆頭・表参道へのおでかけプランをご紹介します。

表参道ランチは、女子力高めのヘルシーなレストランで。

Restaurant 8ablish
「無意識のうちに健康で幸せになれる場所」がコンセプトの本格的ヴィーガンレストラン。

モーニングからランチ、ティータイム、ディナーまで、どの時間帯もかわいくてヘルシーな食事を楽しむことができます。

併設されたショップで販売されている、グラノーラやキッチン雑貨もぜひチェックを。

REVIVE KITCHEN
コスメブランド・THREEが運営するカフェ。

コールドプレスジュースやグルテンフリーのパンケーキなど、体の内側からキレイになれそうなメニューが並びます。

朝8時からモーニングメニューも提供しており、併設されているショップ内で朝ヨガやフラワーアレンジメントのワークショップなども開催されています。

茶茶の間
季節の野菜を楽しめる茶茶の間のランチには、日本茶専門店ならではの番茶がついてくるのがポイントです。

「旬の温野菜盛り合わせ」や「週替りだれの豚肉とお野菜の炒めもの」に使われる野菜は時期によって異なり、いつ行っても飽きずに楽しむことができます。

「素敵オーラ」を浴びに、表参道ショッピングクルーズへ。

(Photo by Orne de Feuilles HP

Orne de Feuilles
フランスやヨーロッパからのアイテムを中心としたインテリアショップ。

パリ郊外の一軒家をイメージした店内は大人っぽい雰囲気で、乙女心がくすぐられること間違いなしです。

DIYアイテムも揃っており、空間作りのヒントがたくさんつまった空間です。

It’s so easy
煉瓦造りの建物が印象的なIt’s so easyの店内には、シンプルでクオリティの高いウェアやコスメ、雑貨がすっきりと並べられています。

世界中から集められた商品のストーリーにじっくり触れながら、あなたの生活にぴったりの1品を見つけてみませんか?

OTIUM
肩ひじはらない、大人の「脱日常」を感じさせるファッションを中心としたライフスタイルショップ。

遊び心たっぷりの雑貨や、大人のプチギフトにぴったりな食品など、楽しい発見がつまったお店です。

賑やかな街の喧騒から、しばし離れて。表参道で休憩するなら穴場カフェへ。

(Photo by a Piece of Cake Facebook

a Piece of Cake
『岡本太郎記念館』に併設されているカフェ。

テラス席では、岡本太郎氏のオブジェを眺めながら、優雅なティータイムを過ごすことができます。

完成度の高い日替わりケーキやパンケーキは、根強いファンをもつ人気のスイーツです。

蔦珈琲店
1988年から続く純喫茶。

建築家・山田守邸を改装して作られた店内は、東京のど真ん中とは思えない緑あふれる落ち着いた空間です。

アイスコーヒーに使う氷は、製氷機を使わず毎回アイスピックを使ってマスターが砕いているというこだわりも、贅沢な気分を味わえるポイントです。

書斎館
万年筆をはじめとする、アンティークな雰囲気漂う文房具を扱うショップに併設されたカフェ。

カフェスペースは、映画「プリティーウーマン」の舞台・ウェルシャーホテルの椅子と、ニューヨーク近代美術館永久保存モデルのテーブルが使われており、タイムスリップしたかのようなシックな空間を楽しむことができます。ゆったりと時が流れる空間で、誰かに手紙を書いてみるといった使い方もおすすめです。

あえて、背伸びしすぎない表参道の夜を過ごそう。

Ones by Sosu
原宿寄りのエリアに新しくオープンした、ライフスタイルショップ内のカフェ&レストラン。

ディナーは完全予約制で、5,000円からコースを楽しむことができます。

ポップアップスペースも併設しており、大人数のパーティーにもおすすめの空間です。

TI DINING
美容クリニックが運営する、「食事の処方箋」をコンセプトにしたレストラン。

「抗酸化」や「代謝改善」といった目的別にメニューが分かれており、糖質制限中の人でも安心して食べられるメニューが豊富に揃っています。

ヘルシーなメニューをリーズナブルに楽しめるので、女子会にもぴったりのお店です。

COMMUNE246
多種多様なフードカートやショップが集まる、表参道のコミュニティスペース。

ここにしかない魅力的なフードを、開放的な屋外スペースで楽しむことができます。

時期によって様々なイベントも開催されており、いつ行っても飽きずに楽しめる場所です。

この街で、着たい服。

ハイヒールを履いて表参道を歩くなら、スカートもいいけどあえてパンツでいい女度をあげてみてはいかがでしょう?

初夏の爽やかな気候にあわせて選んだ長め丈の白トップスも、モノトーンでまとめれば表参道にぴったりのシックな大人コーデに仕上がります。

あえてラフな素材のパンツと白トップスをあわせれば、この時期のおでかけにぴったりの抜け感あるスタイリングに。

麻素材を取り入れることで、夏気分も盛り上がります。

流行りのワイドパンツも、爽やかなきれいめトップスと合わせることで、表参道の素敵なお姉さんの雰囲気に。

バッグはクラッチや小さめショルダーで、大人の休日を演出しましょう。

***

等身大でいられる地元のまちもいいけれど、女性に生まれたからには、やっぱりたまにはヒロインぶって歩きたい!

そんな願望を叶えるのが、表参道という街だと思います。

俗に言う「港区女子」が闊歩する街でもあり、日本中の「おしゃれ」の最高峰が集まる表参道は、どこを歩いても胸をときめかせるものばかり。

最近生活に潤いが足りてないな…と思ったら、ぜひ女子力を浴びに足を伸ばしてみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後のnoteに生かすための経験や他のクリエイターさんたちへのサポートに回していきます!note内で優しい循環を回していきたい。

ありがとうございます!!おかげさまで明日もnote更新がんばれます!
12

最所あさみ

【水曜更新】私のおでかけ帖

実際行くかどうかはさておき、毎週末私が行きたいエリアのお散歩プランを勝手に発表するシリーズです。たぶん水曜日更新。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。