私が「フライング告知」をする理由。

普段からイベントを開催する機会が多いのですが、最近は「フライング告知」を積極的に行なっています。

フライング告知とは、具体的にやることやテーマが決まっていない段階でも、なんとなく固まった段階で「いつごろこういうことやるよ!」という粗い告知をしてしまう、ということです。

フライング告知をはじめたのは、告知から実施日まで日数が足りなくて焦ったことがきっかけだったのですが、こうして情報を小分けにだしていく手法は、これからの時代にあったやり方のように思います。

人の心を動かす発信のベストタイミングは、自分の心が動いたとき。

先に少しずつ情報をだしていくことで、単純接触の頻度があがったり、「あのとき言っていたあれか!」というちょっとした秘密の共有につながるという利点ももちろんあります。

でも、個人的にはそれ以上に「熱量が高まっているタイミングでの発信」に大きな意味があると思っています。

▲上記のツイートはこちらのイベントのことでした。まだ若干空き枠あるのでご興味のある方はぜひ!

イベントやプロジェクトが動く瞬間というのは、誰かと対面で「一緒にこれやったら楽しそうじゃない!?」と盛り上がったときがほとんどです。

そのあと綿密にプランを練った上で、満を持して告知するよりも、盛り上がった熱量そのままに「○月中旬頃にこういうことやろうと思う!!」とお知らせする方が、実は人の心を動かしやすいのではないかと思います。

もちろんこれはイベントに限ったことではなく、記事の公開や新しいプロジェクトの立ち上げでも言えることです。

▲上記のツイートは先日公開していただいたこちらの記事。こちらもたくさんの人に読んでいただきました。

透明なものしか、生き残れない時代へ。」でも書いたとおり、今後はますます情報を隠すことが難しくなっていきます。

また、少しずつ情報をだしていくことで人を巻き込み、当事者にしていくという動きも加速していくはずです。

だからこそ、ギリギリまで情報をひた隠してドーンと発表するこれまでのマスメディア的なやり方ではなく、SNSを通して新しいものが出来上がっていく過程を見せ、ライブ感を演出していくことが必要なのではないかと思います。

私たちはつい、すべてを完璧にしてから世に出したいと思ってしまうけれど。

実は完璧じゃない状態でも少しずつフライング告知していく方が、よりたくさんの人に想いを届けられるのかもしれません。

***

(Photo by tomoko morishige)

こちらの記事も、あわせてどうぞ。

★noteの記事にする前のネタを、Twitterでつぶやいたりしています。

★私のnoteの表紙画像について書いた記事はこちら。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後のnoteに生かすための経験や他のクリエイターさんたちへのサポートに回していきます!note内で優しい循環を回していきたい。

ありがとうございます。おかげさまで明日もnote更新がんばれます!
21

最所あさみ

Retail Futurist / curator。「知性ある消費を作る」をミッションに掲げています。 将来は世界一の店舗メディアを作る予定。noteの有料マガジン「余談的小売文化論」とコミュニティマガジン「消費文化総研」もよろしくどうぞ!

現場からは以上です。2nd

「現場からは以上です。」マガジン内のnoteが100を超えたので、2ndマガジンを作りました。 「地域の魅力とITの力で小売はもっと面白くなる!」をモットーに働く中で感じたこと、考えたことを書き連ねていきます。 (photo by tomoko morishige)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。