オフィスでハットもOK!?IT系渋谷OLのファッション事情 #私たちの買い物白書

「現代はモノが売れない」と言われますが、人はモノを買わなくなっているのではなく、買いたいものが変化しているにも関わらず、供給側が時代に追いつけていないだけなのではないでしょうか。

そんな思いからはじめた「#私たちの買い物白書」。

大学生やOL、ママといった立場の違いや職業の違い、居住地の違いなど、それぞれの属性でどのように購買行動が異なるのかを探るインタビューシリーズです。

第四弾となる今回は、渋谷のIT企業に勤めるOL3人にリアルな買い物事情を伺いました!

【目次】
1.オフィスでハットもOK!自分の好きなスタイルを楽しむ渋谷OLのファッション事情。
2.ECの買い物は○○が重要!失敗しないECサイトの選び方
3.レンタルは○○なら使いたい!渋谷OLおすすめのレンタルサービス
4.渋谷OL流・トレンド情報の収集術と管理法

1.オフィスでハットもOK!自分の好きなスタイルを楽しむ渋谷OLのファッション事情。

▲IT系企業は明確なオフィスコードがほとんどないところが多く、ゆるめのTシャツやオフショルダーでも特になにも言われないのだそう。

今回お話を聞いたのは、渋谷のIT企業に勤める3人の女性。

流行に敏感な渋谷OLならではの買い物方法や最近気になるものなど、じっくりお話を聞いてきました!

Aさん(左)…フリーランスからIT企業へ入社。最近はモノトーンのシンプルなコーディネートが好き。
Bさん(右)…ネットショッピングが大好きで、ほとんどリアル店舗には行かなくなったそう。海外の女優スタイルのようなクラシカルなスタイルが好き。
Cさん(※写真なし)…アパレル業界に長く勤めていて、もともとファッションが好き。展示会でオーダーしたりもする。

最所:みなさん、経歴を伺うと比較的オフィスコードゆるめの会社でずっと働かれてきたんですね。今の会社もオフィスコードはそんなに厳しくないですか?

Cさん:私はもともとアパレル業界にいたので、あまり仕事とプライベートを分けて買い物をしたことはないですね。営業とかで外に出るときは、足元がビーサンじゃなくなったりとか、そのくらい。(笑)

Aさん:Cさんは普通にオフィスで帽子とかもかぶってますしね!ハットとか。

最所:オフィスでハットかぶってても大丈夫なんですね!じゃあジャケット着用とかも特にないですか?

Cさん:行政とか、堅いところとやりとりのある部署くらいですかね。あ、でも私もこないだ行政の人の打ち合わせがあったけどスニーカーだったな〜。
一応、カジュアルなVANSじゃなくて、adidas Originals by HYKEのきれいめなものにしたりとか、自分の中での「きちんと感」のルールはあるんですけど。(笑)

Aさん:見た目でどうにかなる仕事でもないですしね。

最所:じゃあ、洋服を買うときもオン/オフはそんなに気にしないですか?

Bさん:私は最近韓国系のブランドが出している女優っぽい甘めのスタイルが好きなんですが、「オフィスだから」とかはあまり意識しないですね。自分がかわいい!と思ったものを買う感じです。
ギンガムチェックとかオフショルダーとかもオフィスに着てきますし。

Aさん:私もそんなに気にして買ってないですね。
でも、朝コーディネートに悩まないように、合わせやすいシンプルなものを買うようにはなりました。フリーランス時代はちょっと変わったものとか、海外ブランドが好きだったんですけど、全体的にモノトーンのアイテムが増えましたね。

私、すっごく優柔普段なので、起きてから洋服を選ぶのに悩みすぎて遅刻しそうになることもあるんですよ…。

最所:え、そんなに!?(笑)

Aさん:だから、はじめは考えなくてすむワンピースが便利だなーと思ってたんですが、ワンピースってやっぱり一度着ると印象がついちゃうじゃないですか。

だから、どう合わせても失敗しないモノトーンのトップスとボトムスはすごく便利なんですよね。

最所:スティーブ・ジョブズみたいですね…!

2.ECの買い物は○○が重要!失敗しないECサイトの選び方

▲ZOZOTOWNは、あらゆる年代で人気。その秘訣は…?

最所:洋服はどこで買うことが多いですか?

Bさん:私は全部ネット!最近はZOZOTOWN、DHOLICが大好きでよく買い物しています。

Aさん:そうなんだ!私、実は一度もネットで買い物したことないんですよね…。なんか失敗しそうで怖くて。丈感とか素材とかにこだわりがあるので、実物を見ないと怖くて買えないんですよね。

Cさん:私も、試着せずには買わないな〜。店舗で試着して、後から買うとか在庫がないから取り寄せで家に配送してもらうとか、展示会でオーダーとかはありますけど。

Bさん:逆に、リアル店舗に全然行かなくなりましたね。むしろ最近DHOLICの実店舗に行ったんですけど、人が多くてゆっくり見れないし、在庫少ないし、ネットで買った方が便利じゃん、って思っちゃいました。

Aさん:ECで買って失敗したこととかない?思ったより生地が薄かったとか、金具がちゃちかったとか、サイズが合わなかったとか。

Bさん:え、ない!1回もない!

最所・A・C:え!?1回もない!?!?!

Bさん:サイズが合わなかったこともないし、イメージと違ったっていうこともないですね。靴も全然平気。

最所:逆に、失敗しないためにチェックしてるポイントとかってあるんですか?

Bさん:あ、でもそれで言うとZOZOTOWNってやっぱりすごくて。

この続きをみるには

この続き:4,591文字/画像3枚
記事を購入する

オフィスでハットもOK!?IT系渋谷OLのファッション事情 #私たちの買い物白書

最所あさみ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後のnoteに生かすための経験や他のクリエイターさんたちへのサポートに回していきます!note内で優しい循環を回していきたい。

ありがとうございます。おかげさまで明日もnote更新がんばれます!!
9

最所あさみ

余談的小売文化論

役にたつかどうかわからない余談のような話を中心に書いていきます。 主なトピックは小売や消費、店舗、そして文化について。 (Photo by tomoko morishige)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。