「私」を作った魂の10冊 #私の必読書10選

先週「私の必読書」小売版を書いたのだけど、私の場合は小説や随筆に育てられた部分が大きいので、ビジネス書とは別に自分の価値観を形成する上で特に影響されたと思う本を10冊選んでみる。

▼小売版はこちら

ちなみに私はしょっちゅう引っ越すので一度読んだ本はガンガン捨てるタイプなのだけど、特に影響を受けた本だけは大切に保管していて、小説もいれるとそれがだいたい5、60冊くらいある。

何をもって『影響を受けた』というのかは判断が別れるところではあるけれど、私の場合は『数年後もその本を引用して話すことがあるかどうか』をひとつの基準にしている。

そして『いい本』の基準も、何年経ってもその本のことを思い出すかに依ると思う。

練り込まれた思想は必ず『時間』に耐えうるものだと思うから。

それにしても我ながら一般的にいい本と評されているものをほとんどピックアップしていなくて、いったいどこでこの本たちと出会ったのかとても不思議。

そういう縁も含めて、読書という旅は面白いなあと思う。

ということで本の一覧はこちら。

この続きをみるには

この続き:8,918文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

〜2019.04.30までの有料noteの中で特に反響が大きかったもの、いまだに継続して購入されているものを10本厳選してマガジンにま...

または、記事単体で購入する

「私」を作った魂の10冊 #私の必読書10選

最所あさみ

500円

このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後のnoteに生かすための経験や他のクリエイターさんたちへのサポートに回していきます!note内で優しい循環を回していきたい。

ありがとうございます!おかげさまで明日もnote更新がんばれます!!
85

最所あさみ

消費文化総研

「消費によって文化を創造し受け継いでゆくこと」を考えるコミュニティマガジンです。 有料マガジンの内容に加え、購読者限定Slackで議論を深めることができます。 【コミュニティマガジンでできること】 ①Slack限定コンテンツの閲覧 →Twitterやnoteに書いていない...
6つのマガジンに含まれています