三田キャンパスはすっぴんでいけない!?慶應生のファッション事情 #私たちの買い物白書

店舗閉鎖や撤退など暗いニュースが続く小売・ファッション業界ですが、今後本当に服は買われなくなっていくのでしょうか?

同時に、「若者の○○離れ」など若者世代がものを買わなくなっていると言われていますが、実際その代わりにどんな消費行動をとっているのでしょうか?

こうした議論をする際、いつも「若者」と一括りにされていますが、実は年齢や職業、居住地の違いによって、何に価値を感じ、お金を払うかはそれぞれ異なるはずです。

そこで、大学生やOL、ママといった立場の違いや、IT・非ITといった職業の違い、東京の東側と西側といった居住地の違いなど、それぞれの属性でどのように購買行動が異なるのかを、インタビューを通して探っていきたいと思います。

そんな思いから始めた「#私たちの買い物白書」第一弾は、慶應大学に通う女子3人のリアルトークをお届けします!

【目次】
1.日吉と三田はファッションへの意識が違う!?すっぴんジャージでは行けない三田キャンパス
2.一番時間を使うのはやっぱりインスタ。暇さえあれば、Instagramの「○○」を見ちゃう。
3.おでかけ先を探すときに使うアプリは、満場一致で「○○」!インスタはand検索できないのが不便!
4.もし今3万円もらえたら何に使う?「普段あえて買わないからこそ○○がほしい!」

1.日吉と三田はファッションへの意識が違う!?すっぴんジャージでは行けない三田キャンパス

今回お話を聞いたのは、慶應三田キャンパスに通う3人の女子。

それぞれアプリやEC、キュレーションメディアを駆使して、ファッションを楽しんでいるようです。

Sさん(左)…高校生の頃からファッションが大好きで、暇さえあればWEARやインスタ、ZARAのアプリを立ち上げて見てしまうほど。
Aさん(中央)…最近古着に興味がでてきたので、下北や原宿によくいく。ZOZOタウンで買い物することが多い。
Mさん(右)…ファッション・美容情報は、もっぱらキュレーションメディアから得ている。最近のマイブームはインスタで犬の画像を探すこと。

最所:今日はありがとうございます!早速ですが、みなさん洋服選びで気をつけているポイントなどありますか?

Sさん:三田キャンパスはおしゃれな人が多くて、すっぴんの人なんていないので、日吉から移ってきたときは先輩たちを参考にしながらコーディネートをよく考えるようになりましたね。

Aさん:日吉に比べたら、三田はジャージの人もいないですよね。みんなばっちりメイクして、髪の毛巻いて、っていう。

Mさん:学食とか行くと、巻き髪ばっちりな集団がたくさんいて、みんな何時間かけてるんだろうって尊敬しちゃいます。

最所:へー!巻き髪が多いんですね。すごく意外!いわゆるCanCam系の女子大生ってもういなくなったのかと思ってました。

Sさん:CanCam系っていうと、巻き髪で膝丈スカートで、みたいな…?

Mさん:みんなではないけど、一定数はCanCamっぽい子もいます。やっぱりああいう格好って簡単に「女子大生」になれるから、手取り早いのかもしれないです。

2.一番時間を使うのはやっぱりインスタ。暇さえあれば、Instagramの「○○」を見ちゃう。

最所:ちなみに、洋服は何で買うことが多いですか?

Sさん:私はもともと洋服が好きで、時間があればWEARを見てコーディネートをチェックしたりしています。

でもZOZOTOWNで買うことはほとんどなくて、アプリで見て実店舗に行ってそこで買う、という感じです。

Mさん:一時期ZARAのアプリを見ては、しょっちゅうZARAのお店に行ってたよね(笑)。

Sさん:そうそう(笑)。一番ひどいときは週3で行ってて、「あ、ここのレイアウト変わったな!?」って気付くくらい(笑)。

最所:へー!アプリで見てそのまま買わずに、あえてお店まで行くんですね!

Sさん:そうですね、なんかECで買うのってサイズとか不安だし、あとすぐ欲しくなっちゃって。
まあ、ECで買ってもわりとすぐくるんですけど、もう今買ってすぐ着たい!みたいな(笑)。だからお店に行っちゃうことが多いです。

Aさん:私は逆にZOZTOWNで買うことが多いかも。古着が好きなので下北とか原宿の古着屋さんにも行くんですけど、空き時間にZOZTOWNで見てその場で買っちゃう、みたいな。

最所:え、WEARじゃなくてZOZOTOWNをそんな頻度で見るんですか!?

この続きをみるには

この続き:3,677文字/画像2枚
記事を購入する

三田キャンパスはすっぴんでいけない!?慶應生のファッション事情 #私たちの買い物白書

最所あさみ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後のnoteに生かすための経験や他のクリエイターさんたちへのサポートに回していきます!note内で優しい循環を回していきたい。

ありがとうございます!おかげさまで明日もnote更新がんばれます!
8

最所あさみ

余談的小売文化論

役にたつかどうかわからない余談のような話を中心に書いていきます。 主なトピックは小売や消費、店舗、そして文化について。 (Photo by tomoko morishige)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。