見出し画像

【私のおでかけ帖】横丁だけじゃないんです!心地いい余白を感じるまち・門前仲町(2017.2)

実際に行くかどうかはさておき、毎週末に私が行きたいなと思うおでかけプランを勝手に発表するシリーズです。

***

ブルーボトルカフェの上陸をきっかけにおしゃれスポットとして人気がでている清澄白河。

そんな清澄白河に隣接する門前仲町は、立ち飲みや横丁が立ち並ぶ下町情緒あふれるまちです。

でも実は門前仲町も、おしゃれなカフェやショップが集う注目スポットなのです!

というわけで門前仲町で楽しむ1日を考えてみたいと思います。

下町情緒も楽しんで。地域密着型のおしゃれカフェでランチを。

(Photo by MONZ CAFE)

MONZ CAFE
元・甘酒屋さんだった場所の雰囲気を生かしたおしゃれカフェ。

食事メニューはエッグベネディクトやパニーニ、トーストといった軽いものが多いので、ブランチや軽く食べたいときにおすすめです。

リコプラス
自家製パンが人気のこじんまりしたかわいいカフェ。

ランチプレートは5種類のデリ+メインを頼むことができ、女子ウケ抜群のお店です。

カフェタイムのスイーツプレートも目に嬉しい豪華さ!

プランツ
緑あふれる優しい空間で、ヘルシーな食事を楽しむことができます。

ひとつのお皿にぎゅっと盛られたカラフルなプレートは分けっこして話もはずみそう。

わんちゃん連れもOKなので、お散歩がてら立ち寄ることもできます。

ここにしかないものを求めて。

(Photo by Coci la elle)

Coci la elle
個人的に今ほしいものトップ10にはいっているのがここCoci la elleの傘。

3〜5万円と普段もっている傘とはまさに桁がひとつ違う高級傘なのですが、とにかくプリントがかわいい。

すぐに買えるわけではないですが、実物をじっくり手にとって見てみたいので、清澄白河と門前仲町の間にある本店はぜひ立ち寄りたい場所です。
(かなり清澄白河寄りなのですが、どうしてもいれたかったw)

watari
世界各地の陶器や布製品、雑貨などを扱うお店。

小さな可愛いものが並ぶ店内は、大人女子の心をくすぐること間違いなし!

店内で配布されている「私的深川案内」も門仲散歩の際には必ず手に入れたいところです。

GALLUP
材木店だった物件をリノベーションしてオープンしたインテリアショップ。

1点もののアンティークやアウトレット品が所狭しと並び、アメリカンアンティークな空間が広がっています。

2/12で移転になるということで、今週末にこそ行かねばならないお店です!

門仲の夜は、やっぱり飲みに行かなきゃ!

(Photo by 折原商店)

折原商店
門仲エリアでは言わずと知れた角打ちの有名店。

駄菓子をお酒のアテに、店内にある好きなお酒を少しずつ楽しむことができます。

気軽な立ち飲みスタイルなので、周りの人たちとも盛り上がれるのが角打ちのいいところ。

辰巳新道
門仲で飲むなら絶対行きたいレトロな飲み屋横丁。

路地には30軒以上の飲み屋が連なっており、どこに入るか迷うのもまたひとつの楽しみ。

事前にマップで行きたいお店をチェックしておくのもおすすめです。

ますらお
酎ハイ200円、ハイボール250円と激安がウリのTHE・せんべろな飲み屋。

しかしただ安いだけではなく、盛り付けも綺麗で全く安く見えないのが嬉しいポイント。

門前仲町 酔月
新潟のカップ酒が揃うお店。なんとその数50種類!

そもそもカップ酒ってそんなに種類があるものなのか…!

こちらは立ち飲みではなく座ってゆっくり楽しめるので、疲れてきた終盤戦に立ち寄るのもいいかも。

飲んだあとに、立ち寄りたいところ。

楽しい夜を過ごしたら、帰り道に立ち寄りたいのが永代橋。

ドラマや映画でも使われる場所で、夜は綺麗にライトアップされロマンチックな雰囲気に。

おでかけの締めに気分をあげて帰りましょう!

このまちで、着たい服。

門前仲町で遊ぶなら、ガーリーよりもすっきりいい女スタイルで行きたいなと思います。

あえてスカートじゃなくパンツで、トップスにボリュームをもたせたい。

特にこちらのスタイルは最近個人的にこういうざっくりしたコートがほしいと思ってるのもあって門仲・清澄エリアのお散歩で真似したいスタイル!

トップスをベージュピンクにするとグッと女度があがりますね!

オールホワイトコーデもガウチョなら甘すぎず、レトロな下町に映えそうなスタイル。

***

人が集まる清澄白河もいいけれど。

あえて地元に根ざした門前仲町でのんびりお散歩するのも悪くないかも。

いつもよりちょっとだけ気を抜いた、リラックスしたいい女スタイルで遊びに行ってみてください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後のnoteに生かすための経験や他のクリエイターさんたちへのサポートに回していきます!note内で優しい循環を回していきたい。

ありがとうございます。おかげさまで明日もnote更新がんばれます!!
14

最所あさみ

Retail Futurist / curator。「知性ある消費を作る」をミッションに掲げています。 将来は世界一の店舗メディアを作る予定。noteの有料マガジン「余談的小売文化論」とコミュニティマガジン「消費文化総研」もよろしくどうぞ!

【水曜更新】私のおでかけ帖

実際行くかどうかはさておき、毎週末私が行きたいエリアのお散歩プランを勝手に発表するシリーズです。たぶん水曜日更新。
1つ のマガジンに含まれています

コメント2件

「このまちで、着たい服」最高です〜〜。出し惜しみ無し感 がすごいですね!楽しい(^^)♡
うれしいコメントをありがとうございます〜〜〜〜!(;▽;)私自身はあまりファッションセンスはないのですがw、おしゃれな方々のコーディネートを見てはどこに行こうかな〜と考えるのが楽しいので、勝手ながら素敵!と思ったコーディネートを紹介してみました^^☆ いつもおしゃれにしている人たちは本当に尊敬ですw
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。