私は「伝えるためにつくる」人。

よく受ける質問のひとつに『書くモチベーションは何ですか』がある。

今でこそnoteを毎日は書かなくなったけれど、書きたいことはたくさんあって、時間さえあれば今でも本当は毎日書きたいと思っている。

でもそれは私にとって『表現』という感覚ではないし、文才があると思ったこともない。

自分が作ったものを『作品』だと思ったことは、一度もない。

じゃあ何のために書いているのかというと、私はとにかく自分がいいと思ったものを1人でも多くの人に届けたい、という気持ちが強いのだと思う。

私が作ったものを届けたいのではなくて、私を通して素敵なもの話を届けたい。

つまり『創作意欲』ではなくて『伝達意欲』を満たすために、私は日々文章を書き、そして適切に届けるための仕組みを考えている。

だから何かの情報を押し付けることが苦手だし、『コンバージョン』の考え方も人よりちょっと時間軸が長い。

よくコンバージョンに設定されがちなクリックや購入はゴールではなくはじまりであって、本当の意味のコンバージョンは、その情報を得たことで『いかに受け手の人生が変わったか』だと私は思う。

逆に人の生き方を変えるようないいモノやコンテンツが適切に届けられていない状態にストレスを感じるし、自分が日々考えていることを突き詰めると、いいものを届けるための仕組みのデザインとコンテンツづくりだよな、とふと気づいた。

作ることそれ自体ではなく、すでにあるいいものを適切に人に届けることが私のモチベーションであり、私が作るものはすべて『伝える』『届ける」ためにある。

そんなこんなで、12月から肩書きが変わり、SNSエディターとしてオーガニックチャネルのマーケティングをメインでやっていくことになったので、一緒に『伝えるためのコンテンツ』を作ってくれる人を見つけたいな、と思っています。

ちなみに、私のSNS観は下記の記事たちを見ていただければと。

NewsPicksにはいいコンテンツが山ほどあるので、もっとたくさんの人に届けて人生が変わるような出会いをうむにはどうすればいいかを考えるかいがあるな〜と日々思っております。

実は最近のTwitterの投稿は基本的に私が作っていたのですが、12月からは本格的にじっくり運用していくので、ぜひフォローもよろしくお願いします!

伝え方とコミュニケーションとコミュニティはすべて一本の線でつながっていると思っているので、日々の仕事の中で学んだことはまたnoteで還元していけたら。引き続き精進してまいります。

★noteの記事にする前のネタを、Twitterでつぶやいたりしています。

今日のおまけは『ブランディングにおける "揺さぶり"』についての話。

この続きをみるには

この続き:959文字
記事を購入する

私は「伝えるためにつくる」人。

最所あさみ

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後のnoteに生かすための経験や他のクリエイターさんたちへのサポートに回していきます!note内で優しい循環を回していきたい。

ありがとうございます!!おかげさまで明日もnote更新がんばれます!
105

最所あさみ

消費文化総研

「消費によって文化を創造し受け継いでゆくこと」を考えるコミュニティマガジンです。 有料マガジンの内容に加え、購読者限定Slackで議論を深めることができます。 【コミュニティマガジンでできること】 ①Slack限定コンテンツの閲覧 →Twitterやnoteに書いていない...
6つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。