ノンアル志向の時代に、「ハレの日」をどう作るか

昨年の秋頃からお酒を飲まなくなって早半年。

これまでも体調の問題などでお酒を飲まない期間があった私ですが、今回はまわりにもお酒を飲まない人が増えてきたこともあり、このままお酒を飲まない人生になるんじゃないかとすら思っています。

実際アメリカではノンアルドリンクがトレンドのようで、ノンアル派でもバーで楽しめるお酒が続々登場しているもよう。(下記記事参照)

記事の中でミレニアルズがなぜノンアル志向になりつつあるのかについて、記事では「JOMO」というキーワードをもとに下記のように解説しています。

“JOMO(Joy of Missing Out、参加しない喜び)” を知っているミレニアルズは、かつてなかったほどに外出しなくなっている。だがこれらの独創的なカクテルは、酒を飲む人にとっては、自分では再現するのが難しい特別な体験となるだろう。(ELLE GOURMET

ここでいう『参加しない喜び』とは単に人との集まりを遮断するという意味ではなく、自分が快適に感じられる生活スタイルを崩すことなく、無理せず楽しめる空間の価値が高まっているということなのではないか、と個人的には思っています。

お酒の場が楽しいのはそもそもそこに集う人たちが好きだからであって、ミレニアルズにとっては、たとえお酒がなくても本音で楽しく過ごすことの価値が高まっているように感じます。

だからこそ記憶をなくしたり次の日に体調が悪くなるほどお酒を飲む必要はないし、健康のことを考えたら飲まずにすむならアルコールを摂取しない方がいい、と考えるのは自然な流れです。

つまり健康志向という大きな流れの中で、ノンアル派が増えるのは当然であり、これからさらに加速していくのではないかと個人的には思っています。

一方で、お酒を飲まないからといって飲みに行きたくないわけではなく、私も夜ごはんに行ったり、飲みの場に顔を出すことは多々あります。

夜には夜の楽しみがあり、特に『ハレの空間』は夜であることが多いからです。

ただ、増えてきたとはいえまだまだノンアル派は少数派であり、行きづらい場所もあります。

この続きをみるには

この続き:1,175文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

〜2019.04.30までの有料noteの中で特に反響が大きかったもの、いまだに継続して購入されているものを10本厳選してマガジンにま...

または、記事単体で購入する

ノンアル志向の時代に、「ハレの日」をどう作るか

最所あさみ

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後のnoteに生かすための経験や他のクリエイターさんたちへのサポートに回していきます!note内で優しい循環を回していきたい。

大吉!今日はとっても素敵な1日になるはず!
107

最所あさみ

消費文化総研

「消費によって文化を創造し受け継いでゆくこと」を考えるコミュニティマガジンです。 有料マガジンの内容に加え、購読者限定Slackで議論を深めることができます。 【コミュニティマガジンでできること】 ①Slack限定コンテンツの閲覧 →Twitterやnoteに書いていない...
6つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。