【私のおでかけ帖】文化と緑に彩られた由緒正しい住宅街・目白(2017.6)

実際に行くかどうかはさておき、毎週末に私が行きたいなと思うおでかけくプランを勝手に発表するシリーズです。

過去シリーズ:【水曜更新】私のおでかけ帖

***

昔ながらの高級住宅街・目白は、繁華街である池袋や学生街である早稲田から徒歩圏内にありながら、文教地区として栄えてきた歴史ある落ち着いた街です。

今回は、都会のど真ん中にも関わらず、日本庭園や教育施設が集まる文化と緑に彩られた街・目白のおでかけプランをご紹介します。

ハイレベルなフレンチランチが多いのは、高級住宅街ならでは。

(Photo by Creperie Mont-st-Michel FB

Creperie Mont-st-Michel
目白駅から徒歩1分、大通りの目の前にあるフレンチビストロ。ランチは好みのガレットを選べるコースがおすすめ!

そば粉、小麦粉共にフランス産のものを使用するこだわりのガレットとクレープが楽しめます。

休日ランチなら、ぜひシードルと共に優雅なランチタイムを楽しんで。

ラ・ムジカ
名門・マキシム・ド・パリで修行したシェフが作り出す本格的なフレンチランチは、1,600円のプリフィクスコース。

前菜・メイン・デザートをそれぞれ4〜5種類の中から選ぶことができます。
(デザートは+500円)

落ち着いた高級住宅街ならではのクラシックな店内は、時間を忘れてゆっくり料理を楽しめそうな雰囲気です。

リュー・ド・ヴァレンヌ
ロートレックの絵が所狭しと飾られた店内で、ボリュームたっぷりの家庭的なフレンチを楽しむことができます。

ランチは前菜とメインが選べる1,800円のコースのみですが、パンとデザート、コーヒーがついてくるので、コスパもいいお店です。

土日でもふらっと入ることができるので、目白周辺でお店選びに困った時にも重宝するお店です。

ひとつの場所でゆったり過ごせる、目白らしいカフェギャラリー。

自由学園明日館
1921年に建築界の巨匠、フランク・ロイド・ライトの設計で建てられた自由学園明日館は、羽仁吉一、もと子夫妻が創立した自由学園の校舎跡地です。

現在は改修工事を経て重要文化財に指定されており、レトロな建物の見学はもちろん、中のカフェで休憩したり、週末には結婚式の開催にも人気の場所です。

併設されているショップでは、隠れた人気商品であるクッキーや明日館グッズも販売されており、見学、お茶、買い物とゆったりした時間を過ごすことができます。

(Photo by 花想容 HP

花想容
目白駅から徒歩6分、住宅街のど真ん中にあるカフェ併設の着物店。

古民家を改装したお店には豊かな庭もあり、四季折々の植物は公式Facebookでも紹介されています。

カフェは8席のみで、不定期の営業なので、カレンダーで予定をチェックしていくのがおすすめ。もちろん、着物店としてのみでも楽しめるお店です。

目白の夜は、こじんまりした和食割烹で。

(Photo by なるたけ FB

なるたけ
まるでカフェのような明るく開放的な雰囲気で、女性同士でも入りやすい和食割烹。

関東近郊の畑や海で採れた新鮮な素材を使ったヘルシーなメニューも女性にとって嬉しいポイント。

割烹だけあって、日本酒や焼酎などのメニューも豊富に揃っています。

目白 咲き
割烹らしい趣のある店内で、リーズナブルにお酒とおばんざいを楽しめる人気店。

少しずつ楽しめるおつまみメニューがずらりと並び、思わずお酒が進んでしまいそうです。

1品1品のボリュームがあるため、食事メインの人とも一緒に行きやすいのが嬉しいポイント。

目白 待つ宵
カウンターもいれて18席のこじんまりした小料理屋。

味のある器に品良く盛られたお料理は、見た目も華やかなので女性ウケ抜群です。

アットホームな雰囲気なので、カウンターで1人晩酌にもチャレンジできそう。

この街で、着たい服。

目白で休日を過ごすなら、上品な街の雰囲気にあわせたコンサバな格好がぴったり。

ベージュの色味が上品なとろみ感のあるシャツワンピなら、銀座や丸の内ほど肩肘はらない、休日カジュアルに仕上がります。

知的で上品な香り漂う組曲は、目白へのおでかけにぴったりのブランド。

ベーシックなシャツ+フレアスカートの組み合わせも、ノーカラーを選べば「お仕事感」を払拭して、休日デートの装いに。

大きな襟と細めのストライプがレトロな雰囲気を感じさせるシャツワンピは、昔ながらの景観が残る目白の街に馴染みます。

あえてノーアクセで仕上げて、シンプルな品のよさを引き出すのがおすすめです。

繁華街の喧騒からは隔絶された、ゆったりした時間が流れる目白の街。

あえて予定を欲張りすぎず、ひとつのお店をじっくり丁寧に楽しみたくなる街でもあります。

文化と緑に彩られた街で、古きよき時代のノスタルジーを感じるお散歩を楽しんでみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後のnoteに生かすための経験や他のクリエイターさんたちへのサポートに回していきます!note内で優しい循環を回していきたい。

ありがとうございます!!おかげさまで明日もnote更新がんばれます!
17

最所あさみ

【水曜更新】私のおでかけ帖

実際行くかどうかはさておき、毎週末私が行きたいエリアのお散歩プランを勝手に発表するシリーズです。たぶん水曜日更新。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。