見出し画像

「好きなことをやる」という劇薬

人の働き方が多様になり、どんどん自由になっている今、「好きなことをやって生きる」ということが現実のものになってきました。

実際、私もコツコツ自分の好きなこと、興味のあることについて発信していたら共感してくれる人が増え、今は会社でもプライベートでも好きなことをたくさんやっています。

でも、一方で「好きなことをやって生きる」という言葉を額面通りに受け止めすぎると危ないのではないか、ということも同時に思っています。

ちょうど最近読んでいた「葉隠」の中で、こんな一節がありました。

『人間一生誠に纔(わづか)の事なり。好いた事をして暮らすべきなり。夢の間の世の中に、すかぬ事ばかりして苦を見て暮すは愚なることなり』

人の一生はほんのわずかの間のことだからこそ、自分の好きなことをして生きるべきである、という今にも通じる主張は、現代と同じ普遍的な真理なのだと思います。

しかし、その後には次の言葉が続きます。

『ことの事は、悪しく聞いては害になる事故、若き衆などへ終(つひ)に語らぬ奥の手なり』

ただし、この言葉は取扱注意であるということ。そして特にまだ分別のつかない若者に安易に伝えてはいけないということ。

これもまた、時代を超えても変わらない真理なのだと思います。

そもそも、本来『好きなこと』『やりたいこと』の中にも粒度があります。

例えば、フリーランスとして場所や時間にとらわれずに生きるのはやりたいことだったとしても、そこには必ず自分で請求書を作ったり営業をしたりといった『やりたくないこと』がセットになっています。

同じように、会社で何か大きなプロジェクトを回すのは『やりたいこと』かもしれませんが、それを本当に『やる』フェーズに持っていくには、ありとあらゆる『やりたくないこと』をクリアしなければなりません。

大企業の体質はいろんなところで揶揄されますが、新卒できっちりやりたくないことにも向き合い、社会人として最低限やらなければならないことを叩き込まれるのはよく考えてみたらとてもいい教育ともいえます。

なぜなら、やりたいことが大きくなればなるほど協力者が必要になり、協力者に信頼してもらうために必要なのは、やりたいことに付随するあれこれを突破した経験だからです。

もちろん、一部の人ははじめから起業したりスタートアップでゴリゴリ仕事を回す中でこうした壁にぶつかり、己の力で乗り越えていくものですが、どの道を辿っても遅かれ早かれ『やりたくないこと』に必ずぶつかります。

そこで投げ出してしまわず、グッと耐えて壁を突破できるかどうか。

人が人を信頼するということは、そうした投げ出さない責任感のことなのだと思います。

一方で、好きな事だからこそ続けられたり頑張れたりするという面もあると思います。

ただ、『好きなことをやって生きる』というのは楽して生きるユートピアではなく、そこに付随するたくさんの面倒なこともまるっと抱え込まなければならないということ。

そのことを理解せずに、好きなことをやって生きるという言葉を隠れ蓑にして苦労を迂回しようとばかりしていると、いざ30代、40代になったときにただ夢ばかり見て何もできない人から脱却できなくなってしまいます。

そういう意味で『好きなことをやって生きる』という言葉は劇薬であり、その本意を丁寧に伝えていかねばと思う日々です。

★noteの記事にする前のネタを、Twitterでつぶやいたりしています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後のnoteに生かすための経験や他のクリエイターさんたちへのサポートに回していきます!note内で優しい循環を回していきたい。

ありがとうございます。おかげさまで明日もnote更新がんばれます。
1066

最所あさみ

Retail Futurist / curator。「知性ある消費を作る」をミッションに掲げています。 将来は世界一の店舗メディアを作る予定。noteの有料マガジン「余談的小売文化論」とコミュニティマガジン「消費文化総研」もよろしくどうぞ!

現場からは以上です。2nd

「現場からは以上です。」マガジン内のnoteが100を超えたので、2ndマガジンを作りました。 「地域の魅力とITの力で小売はもっと面白くなる!」をモットーに働く中で感じたこと、考えたことを書き連ねていきます。 (photo by tomoko morishige)
17つ のマガジンに含まれています

コメント4件

とても心にストンときたので、思わずコメントさせていただきました。確かに今は、昔よりもずっと「好き」を仕事にしやすい時代ですよね。夢があるし、若い人でもチャンスがたくさんあります。しかし「好き」を仕事にするためには、「好きじゃない」こともしなくてはならない。それは若い人も漠然と分かっているけど、一体どの段階で「好き」が具体的な形になるのか?がちょっと難しい。今はネットが普及しているし、若い人は「好き」を仕事できることも知ってるけど、同時にそれが簡単じゃないことも知ってると思います。ではどのくらいまで下積みをするのか?どこで下積みをするのか?いつ「好き」を形にするのか?仕事のやり方が多様化した分、その判断基準が形成されていない若い頃はビジョンの構築が難しいですね。また失敗したときの受け皿が少ないのも問題かなーと思いました。長々と失礼致しました。
若者というものについて2点思ったのでコメントさせて頂きます。『葉隠』にもあった様に「やりたいこと」をするためには「やりたくないこと・苦手なこと」に取り組み、その壁を超えていかなければならない。いわば、「責任」を持つ必要があります。自分自身春から社会人となりそれをひしひしと感じております。また、その「責任」を持てる様になるには自分の「やりたいこと」に忠実に向き合わなければ不可能だと思っています。自分の過去の経験を内省し、何の役に立つことが出来るのか、懐かしいけど「自己分析」ですよね笑話は変わりますが、就活というシステムは「働く」という行為をしたことがない学生にとって、同じスタートラインに立てる上でいいものだといい意見がありますが、「夢や志」という「やりたいこと」を愚直に考え続ける精神性がないことに問題があるのかもしれないと思った次第です。考えさせてくださる文章をありがとうございます!
私からすればこの記事を読んでいて”違和感”というものを強く感じた。それが何かと考えたとき、根本的に”若者”の捉え方が違うと感じた。就活中の一”若者”として言わせてもらえば、現代の若者は超現実主義であり、夢を追う人は少なく、就活だって安定を第一に考える人が多い。やりたいことにリスクが伴うことなど、部活動を通して経験済みだろう。大好きなスポーツで勝つためには、それに伴う人間関係やハードな練習を続けなければいけない。私が一若者として、若者に思うことは、もっと夢を見ても良いんじゃないか、ということ。リスクなんて、何をしたって伴う時代、私達は知っているはず。だったらマイナス面ばかり見るのではなく、プラスの行動力を持って欲しい。将来ばかりでなく、今の感情も大事にして欲しい。そうすれば、自殺だって減ると思う。アメリカ留学から帰ってきた私の目に移る日本の若者は、不安に八方を塞がれながら、辛そうに生きる姿だ。夢を持つことの楽しさと辛さの両面を、若者に語る人が増えれば、社会は変わるのではないか。若者と社会人の交流の少なさが、将来像を上手く描けない要因の一つだろう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。