enebularのことが何もわからないから凸した話

こんにちわ。enebularのアドベントカレンダー22日目を担当します元木理恵と申します。一日遅れました!何卒よろしくお願いします。

自己紹介しまーす!普段は会社でVoice UI/UXデザイナー兼プロデューサーをやっております。TOP画像は、昨日、お誕生日お祝いのケーキを部下にもらった画像です(20歳ではありません)。ありがたいなあ・・生きててよかったよ。

とにかく、私、24365で、Voice UIにどっぷりとハマっています。

Voice UIと聞けば、いろんな勉強会やセミナーに参加し、時々LTの登壇をしたりしています。

とにかく、社内でもスキルやアクションを作りながら、課外活動でもVoice UIを広めるための活動をここ1年間やってきたのですが、その中で、ウフルの津川さんと出会いました。

「元木さーん!enebularのアドベントカレンダー書いてくださいよぅ〜」

津川さんに可愛くお願いされて、断るような私ではありません。

「いいですよ!」と二つ返事でOKしたものの・・・。

「enebularのこと、全く知らない・・・ウググ」

さて、困りました。どうしたものか。

「enebularのMeet Upに来ればいいですよぅ〜」と津川さんからお聞きしたので、登録するも2回ほど体調不良にてキャンセル・・・。

私、enebularと相性悪いのかな・・・と凹みました。

しかし、3度目の正直で、つい先日参加した「enebular Meet Up Vol.6」

enebular developer Meetup Vol.6 https://enebular.connpass.com/event/106731/ #enebular


参加した感想は、

「enebular、ヤバイな(いい意味で)」

この一言です。

いろんなことが出来すぎてヤバイです。すごいです。

これはアイデア次第でいろんなことができるぞ!そんなワクワクするようなLTが飛び出す、飛び出す!

皆さんも、是非Vol.7に行ってみてください!(但し、次回はアドベントカレンダーの振り返りのようなので、アドベントカレンダーを書いた人中心になるかもしれませんので、connpassをご確認ください)

enebular developer Meetup Vol.7 https://enebular.connpass.com/event/110843/ #enebular

さて、本題です。

アドベントカレンダーを書くために、私は、田中正吾さんを訪ねました。

津川さんに相談したら、「田中正吾さんになんでも聞けばいいですよぅ〜」と言われたので、早速、ご連絡。

「正吾さん、私、enebularのこと、マジでなんもわかんないんですけど、教えてもらっていいですか?」

こんな図々しいことをお願いしているのに、「いいっすよ^^」とお優しい返事。

神様っているんだな、と。

Meet Up Vol.6の開始1時間前に会場に乗り込み、正吾さんにマンツーで教えてもらいました!

私のやりたいことは、これなんですけど・・・と相談したのは、

「咳の数を振動センサーで取って、その回数で消費したカロリーを取得する」

というもの。

何かの本かWEBかの情報で、「咳をするたびに2kcal消費する」というのを読んで、「本当にそうならめっちゃ痩せるんじゃないのか」と思い、風邪を引いた時に消費カロリーを測ってみたいなと思ったのがきっかけです。

別の勉強会でいただいたので、obnizを持っていることをお伝えすると・・・

「ああ、いいですね。使えますね、obniz。振動センサーと組み合わせで」

よかったー!!!

ということで、enebularのログインから、使い方、仕組み、サンプルコード、Firebaseのセットアップ・・・手取り足取り教えていただきました。

田中正吾さん、本当にありがとうございます!

「いつでも何でも聞いてくださいね!」と笑顔でご対応いただき、本当に嬉しかったです。

また、私にきっかけを与えてくださった津川さんにも感謝しています。

「ああ、これは私の1年くらいかけてやる使命ある初めてのIoT案件なんだな」と深く受け止めまして、このアドベントカレンダーを締めたいと思います。

来年は動かしたコードとか掲載したり・・・書けるのかな・・・

いや、きっと出来る!(教えてもらえる!)

ライフワークとして頑張りたいと思います。



元木理恵 拝

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

Rie Motoki

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。