UXデザインは誰のもの?

2週間以上前の話しですが、弊社の石坂とCXO Nightに参加してきました。

その時のことを CXO Nightに行って、UX/CXOについて考えてみた に書いていて、概ね同意だなと思っています。

UXデザインをするというのはすごく大雑把に言えば、「対象となる人のことを知り、対象となる人を想い、対象となる人が嬉しいと思ってくれることをする」ための枠やシステム作りでしかないと思っています。

「デザイン」というワードが良く付いて回るからUXはデザイナーのものと思われがちですが、ユーザーと良く接しているセールスの方や、カスタマーサポートの方のほうがより良いUXを考えてあげられるはずです。

だから、UXの領域に関してデザイナーが行う役割はユーザーがどんな人なのかをヒアリングをして、絵に起こしたり、明文化してチームの共通認識を作ってあげること。

また、そんなこともあって、自分からは体験設計とかUXといったワードはなるべく口に出さないようにしています。

UXデザインはデザイナーのものではありません。そして、思っているよりも難しいことでもないはずです。

あなたが喜んで欲しい人は誰ですか?

その人はどうしたら喜んでくれますか?

それを考えるのはデザイナーだけの仕事ではありません。

「UXデザインは誰のもの?」

ここまで書いたら答えはもう分かるかと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます。いただいたサポート代を貯めて🍣を食べるのが目標です!

🐰
9

駒ヶ嶺 亮一

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。