お題箱へのご回答13

【ご相談内容】

らめろさん。こんばんは。いつも呟き楽しく拝見しています。

突然ですが、困っている事をご相談させて下さい。

私は生まれつき当たり前のルールや常識が理解出来なかったり、他人と目を合わせて会話が出来なかったり、普通に歩いているつもりでも物にぶつかってしまったり、ウッカリではすまされない失敗を連発してしまいます。要領悪く、人より物覚えも数倍遅く、お陰で周囲には迷惑をかけてばかりいます。いつも劣等感に苛まれる毎日です。

何か可笑しいと自覚はしていたのですが、最近ネットでADD(注意欠陥障害)の特集を見てまるで私のようだ。もしかして私は障害者なのではないかと思うようになりました。

家族に相談したところ「確かに思い当たる節はあるが、コミュニケーションが全く取れない訳でもないし、仕事にも行けているのだから恐らくグレーゾーンだろう。わざわざ診断を受ける必要性はないのではないか。」と言われました。

家族が言う事はもっともです。でも私は診断して欲しいのです。健常者なら健常者、グレーゾーンならグレーゾーン、障害者なら障害者、誰かに言ってもらいたくて、堪りません。私はどうしたら良いのでしょうか。

こんな事をらめろさんに相談するのは可笑しいと分かっていますが、ここに書かせて頂くだけで、心が少し軽くなった気がします。長々と失礼しました。こんなまとまりのない文章読んで頂きありがとうございました。これからもらめろさんの呟き陰ながら楽しみにしております。

【ご回答】

お褒めのお言葉と、心が少しでも軽くなったという嬉しいご報告、ありがとうございます。難しいご相談ですね…。

私の意見としましては、結論、診断に行かれたほうがいいと思います。

というのも、別にご家族の判断は「一般的にありがちな意見」のひとつではあるのですが、それがイコール正しい意見とは限らないからです。

「自分が障害者か健常者かはっきりさせたい」

めちゃくちゃ人生に関わってくる、大事な問いですよね。それを「家族に反対された」という理由でなかったことにしてしまうのは、何かこう、よくない経験になる気がするんですよね。

行くにしても、行かないにしても、胸を張って「自分がそうしたかったから、そうした」と言える経験にしたほうが、後々振り返った時に楽だと思うんです。

お仕事をされているとのことですが、もしかしたらあなたも、もう何年か勤めたら今の悩みが解決して、「あの頃は悩んでたなあ」ってなるかもしれません。自分の努力でなんとかなるかもしれません。

でも、それが自分にとって納得の行くプロセスを経たものなのか、というのは、結果がどんなに良好でも、しこりとして残ると思います。

なので、診断を受けることを私としてはお勧めします。というか、あなた自身が納得のいく手段を取るのが、一番良いんじゃないかなと。月並みな考えで、恐縮です。

私は本来、あなたのような人に「迷惑なんて思ってないよ」って言いたい人です。私自身は、何かができない人を迷惑と感じたことが無いので。私も努力してもできないこと、山ほどありますからね。

ただ、本当に障害だとしたら、「できない」というよりも「努力していない」って思われちゃうことがあるので、そうなるともう、損だと思うんですよね。
努力じゃどうにもならないことなのか、そうではないのかっていう線引きを専門家にしてもらうことで、生きやすくなる可能性もあると思います。

仮に障害まで行かなくても、自分の行動とか考え方の傾向とかがわかる場合もあるらしいので、役に立つかもしれません。

ご相談を受けて最初に思ったことなんですけど、自分の劣等感に向き合うのって大仕事だから、そこの根本をはっきりさせたいのってすげーと思うんですよね。

私は自分が障害者かどうかなんて、知るのが怖いから知りたくないし、考えたくもないです。自分でなんとなく色々グレーにしておくと、気が楽ですから。

なので、あなたのその「ハッキリさせたい」というのは、勇気ある考えだと思うんですよ。それをとにかく支持したいです。

なので、どっちを選ぶにしても、「その考えは間違ってないぞ!正しいぞ!かっこいいぞ!」ということだけは、私の言葉どおりそっくりそのまま信じていただければ嬉しいです。

以上、少しでも、何かしらのご参考になりましたら幸いです。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

らめろ

お題箱に来た重めの相談

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。