退位問題を考える上で知っておきたい天皇とキリスト教の関係。そして天皇のご決意

戦後すぐに総理大臣になった東久邇宮 稔彦王(ひがしくにのみやなるひこおう)は、当時のキリスト教関係者を首相官邸に集め、神道も仏教にも敵を赦すということを教えてくれない。これから日本には、国民生活の基礎にイエス・キリストが必要である。

この続きをみるには

この続き:1,550文字

退位問題を考える上で知っておきたい天皇とキリスト教の関係。そして天皇のご決意

ぺかどおる

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

ぺかどおる

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。