結婚する前に同棲ってするのかな #01

恋愛・結婚・出産・育児、、、
アラサーになった女性たちの中で1度は会話の中にでてくる言葉。
今回は”同棲・結婚”というキワードを切り口をして
大勢へのアンケートの集計ではなく同棲に対しての人それぞれの考え方。
「ぶっちゃけ、どう?」を年齢も環境も様々な女性の本音を聞き
気になる”同棲・結婚”のリアルに迫ります。

今回インタビューさせていただいたのははなさん。

はな(31歳)/総合職
彼氏(31歳)/システムエンジニア
交際歴:11年
同棲歴:2年

私のはなさんの印象は、優しくてしっかりもののイメージ。
彼氏さんとの馴れ初めから聞いてみました。

「異性間の親友はありえるのか」からのスタート

ー今の彼氏と付き合ったきっかけは?
同じ大学の同じサークルで、趣味の話を通じてどんどん仲良くなっていって
私のほうからある問いをしたのがきっかけです。「異性間の親友はありえるのか」異性での親友はもはや恋人なのではないか。という話になり、大学1年の夏に付き合いはじめました。

ーどうして9年目に半同棲をしようと思ったの?
私が猫を飼っていて、将来も猫と一緒の生活をしていきたいと思っていたのですが彼が猫アレルギーで、、
猫アレルギーって、慣れると改善できるという話を聞いたこともあって少しずつ慣れてもらうために、彼の一人暮らしの家の近所で猫と一緒に一人暮らしをはじめました。一人暮らしをはじめました。

最初の1年は、彼への猫ならし期間。でも結局、アレルギーが改善しなかったので猫は妹に預けることにしました。猫を妹へ預けてから、彼との同棲がはじまって現在2年目になります。


仕事から帰ってくる毎日がいい意味でリアルになってきた

ー同棲してみてどうだった?
毎日がもっと楽しくなりました。一緒の場所に帰れることは素直に嬉しいです。

ー1年目と2年目って変化ありますか?
2年目になってくると、仕事から帰ってくる毎日がいい意味で特別ではなくリアルになってきました。お互い仕事で疲れ果ててたり、イライラしてたりしている日があるっていう、当たり前のことに気付きました。「好きな人と一緒に生活するってことは、メルヘンチックじゃないんだな」と体感したんです。だから、2年目になってから日常生活に関するケンカがふえました。

今でもよく覚えてるのは、彼氏が帰宅したときに、おかえりより前に「ドアの鍵、ちゃんとしめた?」って言っちゃったことがあって。そしたら「仕事で疲れて帰ってきたのに、なんで第一声で注意されるの?!かなしい!!」って大喧嘩になりました。たしかに小言いわれるのは嫌な気分になるなと思って、「仕事から帰ってきた後は、注意をしない」というルールをつくりました。

それをきっかけに、毎日生活する中でケンカする度に、同じ轍を踏まないようにルールをつくっています。

「仕事終わって帰る時は連絡する」
「一緒に夕飯が食べれるか連絡する」
「帰宅後のビール1缶は癒しのため許可」
「夜食食べるときは半分こにする」
「片方が漫画を読んでいる時は、極力話し掛けないで待つ」
「テレビのチャンネルを変える時は、一言かける」
「洗濯の干し方は、干す人のこだわりに口出さない」
「朝急いで家でる人の、動線の邪魔をしない」などなど
※はなさんが教えてくれたルールの一例


お互い頑固者ですけど、「一緒に仲良く過ごしていきたい」という価値観は共通だったので、言い方を気を付けるとかタイミングを考えるとか、優しい配慮を無理なく増やすことができています。
ごきげんではない時に、どうやって仲良く、少しでも相手をごきげんにしながら過ごせるかが、私たちのうまくいく鍵のようですね。

結婚する前にこのような認識とか、小さなことから少しずつ時間をかけて摺合せできたのはよかったと思います。


同棲してから結婚するまでの期限を決めておけばよかったと後悔

ーもし、同棲する前に戻るならどうする?
結婚までの期限を決めます。
今まで決めていなかったので、いつ結婚するのか大分長い間もやもやしてました。最近決めてみたのですが、まぁ決めた期限通りにはいってないです(笑)

ー同棲はしたほうがいい?
同棲はしたほうがいいと思います!

ー結婚はしたい?
したいです。
でも、彼のほうの仕事の忙しさから、まだ両家への挨拶もできていなくて、、同棲しているんですが、実は彼はまだ自分の家を解約していません。
ほぼ、私の家に住んではいるんですけどね!同棲していることも、両親には内緒にしてます。

今、同棲してお互いのことで少しずつ許し合えることの幸せ

ーどんな人におすすめ?
どちらかが、何かに気になるとかがあれば、同棲したほうがいいです。
自分のこだわりや気になることが、ケンカの火種になるので同棲をして摺合せをしたほうがいいかな。

でもなかなか自分の日常生活内でのこだわりって、気付きにくいですよね。
私も、実家暮らしの時はあんまりこだわりがないと思っていたのですが、同棲してみるとポロポロでてきたパターンでした。

そんな方は例えば、定期的にやらないと落ち着かないこととか、決めた場所に片付けたい物とか、この時間は邪魔しないでほしいとか、あとは相手のちょっとした行動でモヤッとしたこととかを観察してみると、自分のこだわりを自覚するきっかけになるかもしれません。そして、同棲をしてみてお互いの無理ない譲歩策を見つけてみてほしいです!

ーーーーー
今回は、交際歴11年、同棲歴2年のはなさんのリアルでした。
現在未婚で同棲前は二人とも一人暮らしから同棲したカップル。
どちらかというと、彼氏がリーダーシップを取ってくれるとのことでした。

はなさんは、同棲をして小さなことから少しずつお互いに摺合せをすることでリアルな結婚を彼と摺合せができてよかったと話してくれました。

結婚前に同棲しようか悩んでいる場合
自分の日頃の生活に、無意識なルールがないか振り返ってみましょう。
ルールがある場合は、同棲をして摺合せをしておくと、結婚してからの大きなケンカはなくなるかもしれません。

文・取材・編集・アイキャッチ/みほこ/racisa

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしいです!
8

racisa

「自分らしく幸せな女性」を世の中に増やして、世の中に一人でも多くの自分らしく生きることのできる女性を増やしていきたいと思っています。女性一人ひとりが自分の価値観を発見・発信できるイベントを企画運営してます。

#racisa

GCが持っている『自分らしさを大切にしながら幸せになる』という考え方に共感してもらえたみなさんと新しいコミュニティを作り、参加者全員でどんどん幸せになろう!というプロジェクト。イベントレポートなどを発信しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。