少し遠くに行ってみても
気持ちは治せるものじゃない
雲が時間を覆うような
未発達な感情で息をする
スーツは嘘にまとわれて歩き
子供は小さなギターを抱えてる
朝がいつまでも苦しいから
日暮れはこんなに美しい

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつでもどこかで、誰かが見ている。 それはきっと幸せなこと。 閲覧ありがとうございます。

空はいつだって青色です。
11

瞬間の詩

今この瞬間にしか作れない、光のような言葉たち。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録