例えば今朝食べたパンの賞味期限が切れていたとか、そんなことがきっかけで意味の奴隷になるのである。
物事に対する体温が下がり、エログロナンセンスを追い求め、生と死にかかりきりになるが、今度は夕飯のカレーの匂いとか、ちょっとした優しさとか、そんなことがきっかけで元に戻るのである。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつでもどこかで、誰かが見ている。 それはきっと幸せなこと。 閲覧ありがとうございます。

あなたのスキで元気になります。
11

瞬間の詩

今この瞬間にしか作れない、光のような言葉たち。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録